育児しながら音楽アンテナ
育児の合間に気になった音楽情報をメモるブログ
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
アメリカン・アイドル シーズン9 フィナーレ!
遂に決まりました!今シーズンの優勝者。
私的にはかなり意外でしたが
なんというか、そういうアメリカンピーポーとのギャップは
もう何度か経験済みなので大した驚きはありません。
まぁ二人とも好きな候補者だったのでどっちがどうでも
とにかく終わってお疲れ様でした!
これからの新しい音楽人生の幕開けに心からのエールを~!!


・・・ってな訳で、最終回を迎えた番組全体の感想としては
一番印象的だったのはやっぱサイモンのグラデュエーション枠。
(番組的にも一番の見せ場にしていたと思う)
なんとポーラが登場!(未見の方お楽しみに!)
そして1~8までの優勝者とその候補者達(超懐かしい!!!)の面々が
豪華に顔を揃えてサイモンを送り出しました。
(デビット・クックとかいなかった人も何人か。
 互いに道を歩み始めているので都合の合わないのも仕方ない)
貫禄が比較にならない元祖アメアイのケリー・クラークソンや
シーズン5からちゃんと見始めたので
白髪がチャームポイントのテイラー・ヒックスとか大変懐かしく見てましたが
これは審査員達にしてみれば圧巻だったろうと思います。
サイモンも少しだけうるうるしていたような。

後、私個人としてはアラニス・モリセットや
クリスティーナ・アギレラが出てくれてたのが嬉しかった。
新譜の宣伝なのかなぁなんてちょっと調べてみましたが
アラニスに関しては映画「プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂」
のサントラが一番新しいかもしれない。
ベスト盤も出たようですが、CDが売れない昨今オリジナルよりも
メーカーの潤いを図るとしたらそっちのリリース(再販含)が期待されてるような。
ちなみに彼女がデビューした当時は相当話題になりましたが
(ネイティブでないのが救いだったと思いますが
 きわどい歌詞がかなり衝撃的だったようで)
丁度シェリル・クロウがじわじわ来ていた頃でそっちに傾倒してました。
なのでどっちかというとアンチアラニスだっもんで
(若い頃はかっこつけたがるもんで
ボーカルがどうだ、ステージングがどうだ、といちゃもんつけてたりしてましたが
今となってはそのメロディーセンスや彼女の独特の存在感は唯一無二で
彼女が成し得た功績はやっぱりすごかったんだなぁと実感してます
(そしてなぜか日本ではCoccoを思い出す)
あとアギレラは新譜が出たばかりみたいですー
母になってからも話題の絶えない真のエンターテイナーですが
本職でここ一番の実力を発揮してくれる。
安定したボーカル技術はいつ聴いても安心できる居心地の良さがあります。

クリスティーナ・アギレラのWEBサイトで新譜の試聴ができます!
christinaaguilera my space


↓アラニス・モリセットのサントラ提供曲「I Remain」
 映像は映画のメイキングみたいですがアラニスの歌声も堪能できます。
(この映画主役のジェイク・ギレンホールがいい感じでマジやばい!!







↓DVD付きの方が断然気になる。



↓クリスティーナ・アギレラ出演時の番組。これよかった。


↓こっちは今回発売の新譜。






スポンサーサイト
[ TB-0 | CO-0 ] page top
アメリカン・アイドル シーズン9!遂にTOP2が決まる!
・・・っとこれを書いている時点では
まだTOP3までしか進んでないのですが
たぶんもう解ってる。つもり。
という訳で盛り上がりとしては
誰が優勝か、にまで想像が及んでますが
昨年準優勝のアダム・ランバートの活躍が記憶に新しいように
ここまで来たら誰が優勝か、準優勝かなんてあまり関係ない。
なのでどれだけいいステージを見せてくれるか、に期待してますが
私が今までのシーズンの中でも最もほれ込んでいる
クリスタル・バワーズが毎回どんな歌声を披露してくれるのかが超楽しみ。
もうこうなってくるとオーディション番組というよりも
アーティストのライブ番組で順番を待っているような感じです


↓クリスタル・バワーズ
クリスタルバワーズ

クリスタル・バワーズの魅力については
個人的な共通点などででいろいろ発見しており
(優しい夫は二の腕の太さが一緒だと褒めてくれます。←のろけ
語ると相当長くなりそうなので
CDデビューした後それを購入してから改めて取り上げるとして
今一番気になっているのがこの番組自体のテンションの下がり具合。
ポーラ!カムバーック!!!!!
この番組の見所のひとつである審査員達。
(見所については過去のジャンル別カテゴリで触れてますのでどぞ
 →アメリカン・アイドル カテゴリ別リンク←)
80~90年代ポップス全盛期にブームの先端で黄金時代を築いた
ポーラ・アブドゥルが今シーズンで番組を去り
代わりに自身の番組が大人気の
独特のユーモアのセンスが光るマルチタレント
エレン・デジェネレスが入りました。
が。
このところシーズンスタート当初の心配がもろ出てきてる感じで
審査員達の歩調がばらばらなのが気になります。
それをうまくまとめる進行役のライアンもあまりキレがよろしくない。
改めて審査員とライアンはチームだったんだなぁと感じます。
それぞれの個性がうまく混ざって補い合うから
候補者に愛あるアドバイスが出来ていたのに
誰かが突出したり異常に寄りすぎたりって事が毎回重なると
単なる中傷か、ただのゴマすりか、もしくは番組をうまくまとめる為に
セリフを読んでいるだけなのか、と勘ぐりたくもなる。
そして更にテンションを下げるニュースが
人気主要審査員サイモンが今シーズンで番組を去る
という情報もあったりして

ギャラの問題との噂があるポーラの降板が
計算外の痛手となったんじゃないかと思いますが
冷静な審査員であるはずなのに
盛り上がると常に何かアクションを起こしていた
あの楽しい存在が本当に懐かしくなります。
褒めすぎな印象もあったコメントだったけど
だからこそサイモンの辛口が活きた訳で
カーラの明晰な分析も光る訳で
ランディのアニキ節も際立ってた
過去の回でエレンがクリスタルに
「この番組に出演を決めてくれて本当にありがとう」
と言っていたのが毎度過ぎります。


↓今回リーが歌ったハレルヤが好評。
 でも、同じような路線を感じる
 過去の優勝者デビッド・クックとどうしても比べてしまう。




↓ポーラを懐かしんでみる。







↓この映画でエレンの出演を見た事がある。

[ TB-0 | CO-0 ] page top
アメリカン・アイドル TOP24の審査開始で断然盛り上がってきました!
今日のアメリカン・アイドルを見終わって
興奮が冷めない内に書き留めておきます。
(→FOX公式HP アメリカン・アイドル シーズン9←)
やっぱりAIちゃんのナビゲーターはイイ
今までのシーズンのナビゲーターの中で一番イイんではないかと思う。
今回もアリシア・キーズの「Fallin’」の出だしを歌ってくれる太っ腹
歌わずにはいられない、本当に音楽が好きな気持ちが伝わってきて
一緒になってテンションが上がります

そんな訳で今回の放送は遂に一般投票で結果が決まる
ベスト24のステージ。
シーズンを通して言うと
ここからが本当の見応えのある番組編成になってきます。
毎回そうなんだけど、なぜか意図せずして24発表の直前の放送だけは
必ず見逃している。
なので一度もグループステージの放送を見た事がないのだけど
毎度の事ながらここからでも十分楽しめると感じました。
まずは女性陣12人のステージとの事で
いつものようにテレビの前で座ってスタンバイ
しかし最初の3人くらいまでは本当に消したくなるくらい
全然おもしろくなかったんだけど
4人目のリリーあたりから断然ボルテージが上がってきました。
見慣れてきて解ってきたのが
この段階で既に肝が座っているかどうかで歴然の差がついてくる。
(「素人止まり」と「有力株」)
そういう意味ではもう私の中ではかなり絞られてきている感じです。
審査員だって助言のハードルが全く違う。
と、いう事で公式HPではケータイで人気投票ができるとの事で
(前回まではPCでも投票してたのになぁ・・・)
私的には絶対クリスタルに一票
個人的に今回歌ったアラニスが好きってのもあるけど
オリジナルの魅力的なしゃくれボイスよりも結構好きだったかもしれない。
感極まってまたちょっと涙目でした。(涙腺が弱いデス。私・・・)
後、インディー系なソウルを感じる彼女があえてメジャー系に挑んだ
その背景がまた共感させられるものがあるのかもしれない。
その他で言うと声の質はディディ。技術的な可能性を感じるのがシヴォーン。
かわいいだけの人なら今回豊富だと思うんですが・・・。
このところのアメリカン・アイドルは女性陣がちょっと不発だったんで
今回の女性陣幅の広さ、恐らくキーワードは「新鮮」なのが
今後の番組のおもしろさを左右するような気がします。

んで、次回の男性陣。
予選で目をつけた当たりで残っているのが
アンドリューとケイシーとジャーメインとジョン。
こちらもある意味個性的なメンバーな気がするのでもしかしたら
第二のサンジャイヤを彷彿とさせるアイドルも出現したりして。
次回も楽しみです!おもしろくなってきたぞ!

↓髪型で話題を呼んだ過去の出場者のサンジャイヤ

American Idol: Season 6 Finale Performance Show 2 [DVD] [Import]American Idol: Season 6 Finale Performance Show 2 [DVD] [Import]
(2008/05/13)
Blake LewisJordin Sparks

商品詳細を見る



↓今までの出場者の中で一番のお気に入りはドートリー。


リーヴ・ディス・タウンリーヴ・ディス・タウン
(2009/08/26)
ドートリー

商品詳細を見る


[ TB-0 | CO-0 ] page top
始まりました!アメリカン・アイドル新シーズン!
アメリカン・アイドルももう9シーズン目に突入です。
公式サイト
油田は枯渇しないのでしょうか。いくらでもすごい才能が現れます
今回の新しい試みは
何と言ってもシーズン1からずっと看板を背負ってきた
ポーラ・アブドゥルの降板
そしてその後任がエレン・デジェネレス。
彼女の女優としての映画は見た事あるけど音楽はどうなんだろう。
トークは歯切れよいだろうが、ただのファン的なジャッジだったら
あまりにもミーハー過ぎる気がする。
それとも女性からの専門的助言はカーラにまかせて
とにかく盛り上げてくれ!って事なのかなぁ
そうだったらわざとらしくない程度に思い切りサイモンと言い争って欲しい
それで思い出したのが
今回の地方予選では毎回ゲスト審査員が出演していますが
第一回目はヴィクトリア・ベッカム!!!
サイモン、あからさまに嫌がってたような
(ランディを挟んでて見た感じ超不自然だった。)
2日はかろうじてサイモンの隣をゲットできたものの
カメラの映りの角度を明らかに意識しているだろうのポーズや
サイモンにそれっぽくつっかかる姿勢とか
この座を狙ってるのが解りすぎてかなりひいてしまいました
それなりに編集されてるんだろうけど参加者へのアドバイスも
ファッションの事ばかりだし、何よりも見た目が痩せすぎて痛々しい
その上音楽的審査って言っても
スパイス・ガールズではほとんどボーカルをとっていなかったじゃないか!
ってところで最初から突込みまくりです。あーすっきりした
芸能界の綱渡りは得意だろうけどアーティスト発掘は
まず自分の事よりも参加者の事を考えて欲しい。

↓既に注目度が高いマロリー


・・・そんな訳で、流石と思ったのはメアリー・j・ブライジ姉御。
正直面白くないけど真剣に本物の音楽を探していた
日本で言うと鈴木聖美的存在?いや、メディア露出度で言うと和田アキ子かなぁ。
バラエティ番組の視聴者受けするイメージが強いけど
多分音楽を作る時とそうでない時ではモードが切り替わると思う。
日本のオーディション番組にいたら結構映えるんじゃないかと
今回のナビゲーターのAIちゃんが将来担ってくれると期待しておりますが
毎回彼女の歌声が聴けるのはサービス精神旺盛ですごく楽しいです
これからの盛り上がりにAIちゃんがどんな突込みを入れてくれるのか
誰を応援していくのか、友達と一緒に見てる感覚がとても嬉しい
いろんな意味で前シーズンを超えた展開になりそうな予感に
夢にまで見てしまう程既にかなり興奮気味です
AI公式HP

↓今朝のラジオで流れてきたAIのYOU ARE MY STAR。
 この元気満点ポジティブ全開なのが彼女のオリジナリティ。
 アルバムが欲しくなりました




BEST A.I.BEST A.I.
(2009/09/16)
AIAI+EXILE ATSUSHI

商品詳細を見る


↓シーズン8のおさらい
AMERICAN IDOL SEASON 8 - THE 5 SONG EP (LTD)AMERICAN IDOL SEASON 8 - THE 5 SONG EP (LTD)
(2009/08/11)
VA

商品詳細を見る



My Best DaysMy Best Days
(2010/03/02)
Danny Gokey

商品詳細を見る



フォー・ユア・エンターテイメント(初回生産限定盤)(DVD付)フォー・ユア・エンターテイメント(初回生産限定盤)(DVD付)
(2010/03/10)
アダム・ランバート

商品詳細を見る



Kris AllenKris Allen
(2009/11/17)
Kris Allen

商品詳細を見る
[ TB-0 | CO-0 ] page top
放送前に結果をニュース記事にするってアリ?!
先日たまたま見てしまった「アメリカン・アイドル シーズン8」の米国公式サイト。
TOPページにデカデカと掲載されていた、まだFOX JAPANでは放送されていない候補者の絞込みされた面々に気付き「やっちまった!!!」と激しく後悔してからは、英語で検索しない事にしてました。とりあえず最初に予想していたTOP2が健在なのを知り、一安心。
さぁ、この中から誰が優勝するんだろう!!とわくわくしながら放送を待ちたいと思っていた矢先、昨日たまたまみかけた日本のエンタメニュースサイトでなんと「準優勝者○○~」と見出しのついた情報が普通に並んでいました。まだ見出しじゃなく記事内だけだったら、このニュースをスルーするだけでOKだったのに、見出しにのってたらもうわかっちゃうじゃん!!!こういうの許されていいのか。FOX JAPANから注意してもらいたいくらいだよ。

見出しの準優勝者情報によるとTOP2予想の1人ではあったので「こっちがここだと、あっちが優勝。。。」と放送を見る意欲0で記事を読んだところ、何と予想外の人物が優勝!!!ってことは私が予想したTOP2のもうひとりは3位だったって事だ。エリオット・ヤミン並び。「アメリカ国民はそう来るのか~」と軽いカルチャーショックを受けて、私的今シーズンの「アメリカン・アイドル」の幕を下ろしました。

今シーズンはちょっと物足りなかったなぁ。女性陣に有力な人材がなかったのと、男性陣にしてもボーカルの実力もちょっと満たされない。TOP2予想のひとりは抜群に技術が長けてたんだけど、それだけを駆使してる感じで人間的な深みを感じる事ができず、あまり肩入れできなかった。んな訳で本当に応援してたのは3位だった方なんだけど。。。

過去のステージでは本当に素晴らしい感動が度々ありました。まずは思い出せる範囲で。。

↓デビッド・クックの「Always Be My Baby」。マライア・キャリーの原曲を想像してたら思いっきりいい意味で裏切られて、何とも彼らしい素晴らしいアレンジバージョンが誕生しました。


↓マライア・キャリーのオリジナル


↓まだ本選最初の方で披露されたあまりにも有名な「imagin」をデビッド・アーチュレッタの美声で。いつの間にか頬を伝っていた涙に「とんでもない戦いになる!」と、このシーズンへの期待が一気に高まりました。


↓デビッド・アーチュレッタのデビューアルバム「David Archuleta」。
David ArchuletaDavid Archuleta
(2008/11/11)
David Archuleta

商品詳細を見る
[ TB-0 ] page top
copyright © 育児しながら音楽アンテナ all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。