育児しながら音楽アンテナ
育児の合間に気になった音楽情報をメモるブログ
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
DATE: 2011/04/28(木)   CATEGORY: その他
うたの力
最近は家の中の片付けばかりで
地震で崩れたのをきっかけにCDもまた整理しようと思い
仕分けをしておりました。
結構プラケースにひびが入っていたのが多くて
CDトレイを外して新しいのと入れ替えなんかをしていると
いつの間にか深爪っぽく内出血してたりしております。
そうそう、去年の今頃も確かやってた。
判断がつかないものはとりあえずとっといて
来年また考えようと・・・。そして今回も
一度ゴミ袋に入れたものをまた取り出したりするもんだから
なかなか終わらない。そこで一案。
パッケージにこだわりのないのはハードディスクに落として
それから売ってしまおう
データにしてからまた聴くか聴かないか判断すればいい。
と、その対象のものをジャンル毎にまとめておきました。
時間をみてゆっくり作業していきたいなぁと思いますが
きっとCD整理してる時と同じように聴いちゃって
なかなか進まないんだろうなぁ。
そうやってる内にまた余震で雪崩れちゃったりして。

そう言えば先日、スカパーで「We Are the World」風の
チャリティーバージョンの「愛は勝つ」のPVが流れてました。
オリジナルの「We Are the World」は本当に好きなんですが
こちらはどっかオリジナルを超えられない
ハイチバージョンと重なるところがあって
どことなく映り方を気にしていたりオーバーアクション加減を感じて
やっぱりハイチのを聴いた時のように少し唸ってしまいました。
改めて思ったのは「愛は勝つ」という曲自体は本当に素晴らしいと思う。
イントロとか、サビから入る構成やまたそこまでもってく盛り上げ方、
何度も繰り返されるメロディーのキャッチーさ、
正直イントロだけでぐぐっとくるものがあります。
ドレミファドン!じゃないけど、イントロ数秒聴いただけで
誰もが解る曲ってのがすごいと勝手に思ってるところがあって。
という事で「映像があるからいけないんだ」と途中で目を閉じてみました。
が、またやっぱり何か違和感がある。
たぶん「愛は勝つ」という歌詞かなぁ、と。
「勝つ」と締めてしまうと一方は「負ける」訳で
歌で勝敗を称える、この二極論的な単純なものの見方が
ある意味日本的で支持されるのかどうかしらないですが
私は純粋に素晴らしい曲として心に留めておきたいと思いました。
(あと曲って余韻が大事と思ってたりしてて。
 メッセージを呼びかけるとかは押し付けがましく感じてしまう)

それにしてもやっとでこうやって
少しずつうたが何かを変えられるかもしれない
と思いたい気持ちが繋がっていくのを感じられるようになってきました。
地震後しばらくは、寝る前にいつも聴く曲をケータイで聴いてましたが
うたそのものよりも普段と変わらない「習慣」を求めていた気がします。
今はそうではなく、うたを聴いて
しっかりと感想が浮かんでいる事が何となく嬉しい
その他にも全国各地でイベントとかいろいろ始まってきてるようです。

↓明日はこんなのもあるそうな
チャリティーイベントの開催について~NARITAから伝えるエール、そしてありがとう~









スポンサーサイト
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2010/11/05(金)   CATEGORY: その他
ちょっとむっとする事と課題のメモ
著作権を意識し始めてから
PVウォッチのエントリを少し控えようとしておりましたが
ネット上で曲の感想を書こうとか、紹介をしようとか思った時
正直PVの埋め込みNGとなると
非常にやりづらい事に気がつきました
リンクだけでもいいのですが
ネットでクリック数の多さというのはリスクのひとつでもある。
というよりもそのリンク先のものが違法アップロードな場合
リンクさえ張れない。なんて面倒臭い。

先日も、ある曲が気になったので
「新境地での活躍に期待!」みたいな
意気揚々としたエントリをせっせと書いて、
商品のリンクも済み、さぁアップだ。埋め込みだ。
とPVを探しましたところ
確かにあったんですが、埋め込みNG
まぁしょうがないなぁと思って、リンクしようかと思ったら
ショートバージョン(1分程度バージョン)もあったので
ちゃんと用意してあるんだな、とほくほくで
埋め込みコードをコピッとぺしようとしたところ
このPVも埋め込みNG。
どうなっとるんだ。思わせぶりな!!!
わざわざロングとショート2バージョン用意しといて
両方ともYouTubeのオフィシャルサイトに行かないと見れない。
そしてそのサイトはいろんなアーティストがごっちゃまぜで
当のアーティストは埋まってしまっている。
もう、これは、プロモーションする気がないんだろうな、
とそのエントリは潔くデリートしました。二度とアップしない。
というか捨ててもう忘れた。
・・・のでこの怒り自体忘れてましたが
たまにふつふつと思い出してむっとしてしまうので
とりあえずここに放出する事にしておきました

そんな訳で、自分的やらなきゃいけないだろうなーと思っている課題メモ。
・アルバムのダウンロード
 曲単位ではやってるけど、アルバム単位はやった事ない。
 私は本当にジャケットはなくても満足しますか?
・著作権管理がゆるいアーティストも聴く
 時間がないんだよなぁってやっぱ言い訳かな。
・車のCDの入れ替え
 同じ曲ばっかり聴いていると気が狂いそうになる。
 でも結局それが一番心地よくてなかなか行動に移せないでいる。
・欲しいCDの購入
 欲しいものリスト見たら大分前からのが溜まっているけれども。
 逆に溜まりすぎてどれから買えばいいのか解らないくらい。


↓新曲が4曲入っているらしい!!!


↓YouTubeステージ?!


asahi.com
ボン・ジョヴィ、ユーチューブでライブ 曲目は投票で
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2010/08/15(日)   CATEGORY: その他
作る側シュミレーション妄想~例えばいい感じの鼻歌ができあがったら~
Ustで討論会の生中継を見てから
何となく気持ち盛り上がっておりましたが
時間が経つとその熱を取り戻すのに時間がかかってしまいます・・・。

という事で、先日ふと
ありあまる程のお金持ちになったら何がしたいだろうか
と突然過ぎりました。
息子の教育や自分の持病の為に使わなければならないのが
現実的なところですが、それでも・・・というのなら
その都度気になったCDを手当たり次第購入してみたい!
それでCDミュージアムというか
図書館みたいなCD喫茶を作って
試聴ブース全部にネット接続させたモニターを置いて
アーティスト情報を検索しながら、ジャケットを眺めたり
封入の解説を読みながら、曲が聴けるようなお店にしたいなぁ。
どんだけ利用料払うんだろう・・・

例えばいい感じの鼻歌ができあがったので
それをいろんなバージョンで10曲ほど録音して
(PCのマイク入力にでも接続して録音)
CD-Rに焼いて一枚できあがり。
ジャケット印刷して完璧!と個人レベルではそれでOKなんですが
それをある程度の数量をCDプレスして
ジャケットを印刷してパッケージにする。
それを販売したいとすると。
路上ライブでもやって手売りするのが一番手っ取り早い
でもそれでももっと売りたいーとなったら
流通にのせる。

クオリティーの高い音源にしようとすればする程
録音時に費用がかかるはず
それを誰かが担ってくれる、と言ってくれて
その代わり売る為の企画はこっちで立てるからやってね、
とかいう契約を交わす。
そこで作った側に提示されるあらゆる条件。
価格の何パーセントはこっち、何パーセントはあっち、と細かく
売り上げが配分される仕組み。
そうやって刻まれた中から自分の収入を換算するんですが
売れたらいいんだけど、売れなかった時が怖いですな

・・・今、自分がそうだったらって考えられる限りの勝手な妄想ですが
この細かく配分される仕組みがネットの普及によって
問題になっているようです。
確かに「路上で手売り」というパターンがネット上でできてしまえば
一番手っ取り早い。
でもどうも煮え切らないのが、初めに耳に入るそのきっかけを作るのが
テレビの特集だったり、ラジオでかけてくれるのだったり
ショップがイチオシしてくれたり、というのがあって
それに労力を費やしてくれる人の力があってこそ、と思うのもあります。
この辺りを考えると非常に難しい
ただPV動画配信のリンクに厳密になるのに対してだけは
「映像ではなく音楽を売っている」と思うので穏便に見て欲しいですが
せっかくブログで取り上げても
後日動画が削除されていた、なんて事がよくあるので
それに気付く度にトホホな感じです
オフィシャルがちょっと音質を下げてサンプル配信して
もっといい音で聴きたい場合は買うとか
ジャケット(パッケージ)に驚きの仕掛けがあるとか
もっと興味を引くものがあればいいけど。
まぁ問題は買った後の利用の仕方なんだろうなぁ。

何だかとりとめない迷宮に入ってしまいそうなのでこれで終了します。
最初の喫茶店の話。
路上アーティストにライブラリー試聴の許可をもらえばできるのかな。
欲しいCDを見つけるのが大変だ・・・堂々巡り。


↓一番最近購入した一枚。
 アメリカン・アイドルでリーが歌ってたので。


UPから時間が経ってるのでスルーされていると思われるのを・・
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2010/07/25(日)   CATEGORY: その他
買う側シュミレーション~例えば高橋優さんの曲が欲しいと思ったら~
VMCで高橋優さんというアーティストを見て
曲が欲しいと思いました

たまたま聴いた曲は「素晴らしい日常」という曲。
即PCでアーティスト名検索
最上位でヒットするのが女の子のアイドル?
違う違う。と何度かクリックしてブログがビンゴ!

高橋優 オフィシャルブログ “あぃやどよ!”

経歴を読んで所属レコード会社を探す。
全国流通盤という表記もあるがここまでが自主制作?
アーティスト事務所関係のインディーズ出版を経てのメジャーデビューみたい。
WPCLという品番だからワーナーミュージック?
あえてメジャーシングル第一弾!的な書き方をしていないのは
アーティスト本人の意思の表れなのかしら。

とりあえずこの時点でみつけたサイトは
高橋優さん本人のブログ
レコード会社ワーナーミュージック内のアーティストページ
アーティスト事務所のページ


ここでざっくりと情報を拾って
ついでにYoutubeで試聴しながらフムフムと読み漁る
(テレビでみた曲以外も試聴。CM曲にも起用されていたんだなぁ。

さぁでは購入しようか、となると
基本的にシングル盤はいらないと思っている人。(←私
なのでアルバムを探してみる。
ちゃくうた(R)は気になるがちょっとおいといて。
(iTuneでも探してみたらちゃんとありました。)

ブログではアマゾンにリンクされているから
自主制作のアルバムの方をポチっとしてみる。
アルバム「僕らの平成ロックンロール」
には「素晴らしい日常」という曲は入ってないみたい
その他の曲もとても素晴らしいと思ったけど
私はまずは「素晴らしい日常」が欲しい。
この時点で気持ちはもうだいぶ萎えております。
なぜかって。
「素晴らしい日常」が収録されたアルバムが後日発売になるだろう
と予想できるから。もし収録されなかったら
その時に1曲だけダウンロードすればいい。
でもね、ミュージシャンとしてはコマーシャル的に
それだけ売れればいいっていうよりも
その1曲から自分の世界に引き込むっていうのが本望だと思う。
なのでできれば1曲だけしか買わない、ってのはやりたくない。
10曲収録されているんだったらその曲順の並びまでもがこだわりだと思うし
それをパッケージしているジャケットの絵や素材もね、
余裕があればきっとこだわりたいと思う。

海外だったらアルバムの中からシングルカットして
長期的にアルバムを売っていくのが主流だと思うんだけど
日本の場合だとどうしてもシングルが先行して
その売り上げによってアルバムの初回枚数を決めようとしてしまう。
枚数が重なるだけのシングルCDはいらないし
(そのCDのみの限定曲入り!なんて事があったらもう本当にやきもき。)
プラケースもペラペラで何もおもしろくない。

という事で結果買わない、になってしまいました。
ただでさえ財布のひもが固い主婦には
収納の手間と出費を感動との天秤にかけたとしても手が出ない
独身だったら迷わずアルバムの方買ったと思いますが・・・。
新しいアルバムが出たら欲しいけど
それまでこのテンションを維持させてくれ!!
(だからYoutubeで何度も聴いてそれで満足しよう、ってなるんじゃないかと)


※妄想にしようかと思いましたが
 実際そう行動してたので、そのまま文字にしてみました。



↓著作権云々が面倒臭くなってきたけどこれはOKなのかしら。
 公式HPからリンクされてた動画。





過去に感動したシングルCDのパッケージで印象深いのが
ジャングルスマイルの小さな革命。
こっち↓はシングル集の12cmアルバムみたいですが
8cmのシングルが発売された時は
パッケージを閉じるように横にシールが貼ってあり
それを破らないと開けられない仕組みに。
その最初の行動が小さな革命です、
みたいな説明が中から出てきた時にはぞくぞくっとしました
「破る」決断を迷うな、というメッセージだったような気がします。



[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2010/07/24(土)   CATEGORY: その他
いい音楽をクリエイトしてもらう為に
先日DOMMUNEというサイトを見つけまして
ものすごい衝撃を受けました。

ライブストリーミングサイト&スタジオ 「DOMMUNE」

自サイトでUSTチャンネルをもってDJプレイ配信しており
その質の良さに脳天打ち抜かれた感じです。
やばいよ。これ。すごい!
これだけぽろっと呟いて後はぼーぜんと見入っておりました。
普通に大画面モニターで映して酒でも出せば店成り立ちそうな。
ネットって極めると何でもできちゃうから本当に可能性が無限大だなぁ
なんてカラオケ屋さんとか思い出してたら
そういえばDJって著作権とかってどうなっているんだろう、という疑問が。
例えばそういう店でも使用料を払わなきゃいけないし
小さな地方のライブハウスで演奏されるコピーバンドも
本来ならそれなりの使用料を払う義務があるけど
取り締まるのが大変だし目立たないから
スルーしているのって結構あると思う。
「目立たない」ってクオリティが高くなればなる程
そういう訳にはいかなくなってくる。
逆に目立つ事で世にリスペクトの交換を示しているのであれば
それを取り締まるって方への疑問が増えてくるような

ここ最近のネットの普及って
本当に生き物のようにみるみる広がっているように思えますが
元来マニアな方達の中で知識を共有するのがステイタスみたいなところがあって
その方達から発祥して
今の万人インターネットの時代になってるんじゃないかと認識しております。
そういう発祥の思想が当たり前と思っている方と
みんながやってるから自分も派から入った方
みんながごっちゃになって同じネットを共有していると思うと
その元来の考え方と
便利だから何やってもOKの感覚が同一視される懸念があり
そこからちゃんと言葉にしないといけない気がしてきました。
クリエイティブな作品を生み出しているアーティストへのリスペクトを
しっかりとお互いに認識しあっていかなきゃいけない、と
あえてダイレクトに文字にしなきゃいけないかも。

レコードやカセットテープを聴いてた世代と
(リリースされてそれを求めて歩く道のりもまた楽しかった
自宅で手軽に音源が手に入る世代とでは
もう既に理解の壁ができていて(バカの壁かもしれんけど)
その心を伝えるようとする事自体アナログなのかもしれないですが
人間がどんなに進化しようとも「心を揺り動かされる」感動というのは
軽視できないと感じてます。
そんな訳で次回2回にわたり
買う側のシュミレーション妄想
作る側のシュミレーション妄想

について書いてみたいなぁなんて今思いつきました。
そうする事で自分自身改めて省みるきっかけにもなりそうです。

子供が夏休みに入ったのでなかなか更新できないかもしれないですが
隙をみつけて音楽の良さを私なりに考えていきたいと思います。


(いつも動画を埋め込んでますが今回はちょっと悩みました。。。
 ライブに足を運ぶ為に、音楽を買う為に試聴していると思ってましたが
 これ自体を流用されるのは困る。。。


↓なんとなく思いついたアーティストの作品





[ TB-0 | CO-0 ] page top
copyright © 育児しながら音楽アンテナ all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。