育児しながら音楽アンテナ
育児の合間に気になった音楽情報をメモるブログ
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
DATE: 2011/08/02(火)   CATEGORY: ニュース_洋楽
エイミー・ワインハウスを偲ぶ~個性的な女性ボーカリスト達を思い浮かべる
エイミー・ワインハウスの逝去を知りかなりショックを受けまして
追悼の意味も込めまして
声が特徴的な女性ミュージシャンのアルバムについて
CDを聴きながら書いてみたいなぁと思っております。

・・というテーマを決めて
初めてシングルカットの一押し曲を聴いた時の衝撃がものすごくて
すぐに買いに走った(ぽちっとした)、というアルバムを4枚思いつきましたので
順に再生していきます。
とりあえずまとまりはなくなると思いますのでご了承をば。

最初の1枚は「リハブ」を収録した
「エイミーワインハウス/バック・トゥ・ブラック」



今となっては死因がどうこうとどんなに推測したとしても
真実はもう誰も解らない域になっていくと思いますので
たられば的な思いはおいといて、このアルバムを聴いて思う事。
訳詞も読んでますが、それもおいておいて、
なぜ衝撃を受けたかというのを思い出してます。
まずはやっぱり声でした。即ググりましてエイミー・ワインハウスを知りました。
音を聴いた感想を言葉にするくらい難しいのはない、と思いますが
何となくかっこよかった。
ノリがいいし、メロディーにのった歌詞の切れがクールだし。
それで歌詞の内容に感情移入できれば尚可なんでしょうが
英語圏の人間ではないのでいつも洋楽を聴く時はそこまでは求めてないです。
アナログレコードのジュークボックスから流れてきそうな雰囲気が
気分をうっとりとさせる感じなのですが、
単なるBGMで終わるか、会話の途中でも音楽の方に耳を傾けさせてしまうか
大声でどなってばっかでうるさいなぁ、と気に障る感じではなく
思わず探してしまうような感じ。
うまい酒(ビール)が飲めそうか、飲めなさそうか。
その辺り私のボーダーラインかもしれないです。
(禁酒して6年目にしてノンアルコール発砲飲料をたしなみながら・・・)

若干の嗄れ声ラインの流れからピックアップしてきたのは
「I TRY」を収録した
「メイシー・グレイ/オン・ハウ・ライフ・イズ」。



彼女の事を最初に知ったのはグラミー賞でパロられてた時。
観客席で大きなアフロの頭をふさふさと揺らしながら
ニタニタ笑っていたのが印象的でした。
それから曲が進行するにつれてサビのメロの繰り返しが頭から離れなくなり
曲にとりつかれたようにしてアルバムを買いました。
エイミーよりもアナログ感が薄くて洗練された音色チョイスがあり
このしゃがれボイスにクリアな演奏のミスマッチ感が
おしゃれに聴こえさせているのかもしれない。


パンチのある声ラインの流れでいくと
「ジョス・ストーン/マインド、ボディ&ソウル」
(↓CCCD!!!



彼女を最初に知ったのは何かのライブ映像だったと思うんですが
誰かと一緒に何かかけあって歌ってました。
もう大分前の事になるので
このメインのアーティストが誰だったかも忘れてしまいましたが
とにかくこの若いゲストアーティスト方のパフォーマンスに圧倒されまして
それこそ「なんじゃ!今のは!」って
また彼女のアルバムも漁る様にして探しました。
最初のカバーアルバムも結構聴きましたが
こっちもよく聴いていたかな。
ディスクの盤面がアナログレコードみたいなデザインでかっこいい。
少し印象が薄いのは上手な声のインパクト以上に
イマイチ自分的にその先に行けない
みたいなためらいがありまして。
世代の差でしょうか。若いっていいよね、みたいな。
それともあまりにもジャニス云々言われ過ぎて
先入観が強くなってしまっているのか。


んで最後に、あまりブレイクしなかったですが
大好きだった「アマンダ・マーシャル」もここでピックアップ。



この浜辺にソファというジャケ写のふてぶてしい座り方がGOOD!
かっこ良すぎてハート直撃です。
迫力のある硬い荒削りな声がアメリカンロック寄りなところで
反応しちゃうのかもしれない。
おしゃれ(知的)志向になっちゃうと
ちょっと斜に構えた感じで
どうしても届かない壁を感じますが
アマンダ・マーシャルのアルバムは
まさしくあけっぴろげな大胆さを感じて一番近くに感じます。
最後の方に収録されているライブバージョンは
魂の叫びがびびびーとビームに打たれたように
耳から脳に貫通しまして、これ聴きながらだと
ホント仕事になりません。


今回たまたま洋楽でしたがネイティブじゃない言葉を音で聴くってのが
たぶん聴き心地がいいんだろうなぁ。
意味が解らなくても気持ちいい。意味が解らないから気持ちいい。
そういうので元気もらってる気がします。
もちろん、邦楽から直接的にパワーをもらう時もありますが
今回のエイミーの件ではため息も出ないくらいうなってばっかりだったので
こんなところに行き着きました。


↓一番最近買ったアルバムはアメリカンアイドルのクリスタル・バワーソックス。
カントリーロックの彼女らしいソウルフルな歌声が堪能できる一枚です。



SONY MUSIC公式サイト
スポンサーサイト
[ TB-1 | CO-2 ] page top
DATE: 2010/12/03(金)   CATEGORY: ニュース_洋楽
にわかアイドルブームなのか、再結成ブームの延長なのか。ニューキッズ・オン・ザ・ブロックとバックスがツアー!
元々ミーハーなアイドル好きなので
最近の若い韓流ブームも気になるところではあるけれども
それよりも世代的に80・90年代のアイドル達の活動が気になります。
たまに見ているバックスのHPでは
再結成したニューキッズ・オン・ザ・ブロックと
ツアーをやる旨発表されておりまして、その2組合同の
アメリカンミュージックアワードでのパフォーマンスを視聴しました。
(日本でのイメージで言えばJ祭りみたいなものかも)
NKOTBSB特設ページ




↓オトフレームというメーカーリンクパーツで張ってみた。
 懐かしいPVが少しだけ見れます!


特設ページの写真だけでもちょっとにたにたしてしまうものがありますが
こうなったらバックスを卒業してしまったケビンも戻って来て欲しい。。。
そういえばバックスはニックがソロを出すみたい。

BSB公式サイトニュースより
Nick Carter|ニック・カーター
『I’m Taking Off|アイム・テイキング・オフ』
2011年2月2日発売

【初回生産限定盤】
 SICP2962-3 / ¥3,360(税込)
 ・ボーナスDVD付
  ビデオクリップ+レコーディング・フォトシュート・ビデオ撮影などの
  舞台裏映像集を収録予定
【通常盤】
 SICP2964 / ¥2,520(税込)





最近のバックスではニックが一番勢いがいいと思うので
(ボディシェイプも気合が違う!!!
ニューキッズとのツアーとの相乗効果で
再度バックスの素晴らしい楽曲リリースを待ちわびたいところです

そういえばもう一つ気になるのが同時期にイギリスでブレイクしていた
TAKE THAT。
最近どうなの?っとググっとな。
↓ロビー・ウィリアムスが戻ってきたらしい。
 ユニバーサル公式サイト TAKE THAT

そして12/5からミュージックエアにて特集をオンエアとの事。
こりゃ、チェックしたいところ
■『大人の音楽専門TV◆ミュージック・エア』にてTAKE THATの再結成ライヴをオンエア!


あの頃友人に貸したアルバムが返って来なくなったのを機に
全然聴かなくなってしまいましたが
新譜やベストがもう一回欲しいかなぁと思い始めております。





追加:さっき気がつきましたがJ-POPからインストゥルメンタル部門に
   グラミー賞候補!来年もグラミー中継見れるかな
B'zの松本孝弘が第53回グラミー賞にノミネート( ニュース - TOWER RECORDS)


[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2010/10/01(金)   CATEGORY: ニュース_洋楽
気になってるディズニーチャンネルのPV
このところのディズニーチャンネルでとにかく宣伝される
ディズニーXDの「爆音家族」
(↑「I'm In The Band」が本国でのタイトルみたい・・・)
が気になってしょうがない
(→爆音家族公式HP←)

日本版ではデーモン閣下がカバーする
このドラマの主題歌
↓Iron Weaselの「Weasel Rock You」


本編はまだ見た事がないので内容はよく解らないのですが
宣伝でみる限り昔流行ったヘビメタバンドに
ティーンの主人公が加入して再起を試みる話のようです
このPVで気になるのはもちろん
国旗のような赤丸の横に「OKINAWA」とある事!!!
これがどんな意図でそうなったのかよく解りませんが
アメリカが描く日本の映画で
設定がヘンテコなのが多い系と一緒だとしても
このミステイクは何だか不思議な感じがしております。

ちなみにこのバンドでメイクのないアリス・クーパー(?)のような
いちばんらしく見えるボーカル、スティーブ・バレンタインは
調べたら本業はやはり俳優のようです。
どうやらマーズ・アタックに出てたようなので早速チェック。

↓いた
爆音家族のボーカル



あとキャンプロック2の放送を10/15に控えて
(→キャンプロック2公式HP←)
デミ・ロバートとジョー・ジョナスのPVもよく流れてますが
それがハイスクールミュージカルのザック&ヴァネッサを思わせる程に
いい感じの曲になっててこっちも気になってしょうがない
キャンプロックは期待しすぎてちょっと残念でしたが
「2」はミュージカルとの事でまたわくわくしております。

↓こちらはデミ・ロバートの歌ですが
 スイート・ライフでお馴染みの
 アリソン・ストーナーのダンスがうま過ぎるのに目がいく


その時期と同じくしてロック・オン・スターズの結果発表があるようで
(→選ぼう!キミのベストソング!ロック・オン・スターズ←)
CDリリースの詳細もその時解るのかな。
私ももちろん投票しましたが・・・何に投票したか忘れた・・・
(ハイスクールミュージカルの歌とかだったような気がする)









[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2010/02/16(火)   CATEGORY: ニュース_洋楽
新しいWe Are The World見ました!2010年のテクノロジーで歌の力が世界を変える!
新しいWe Are The Worldを配信しているとの事で
早速You Tubeで試聴
やっぱり号泣せずにはいられない
実はこれ昨日アップしようと思ってましたが
あまりにも感極まってしまい言葉が出なくなってしまったので
本日冷静になってもう一度トライ。

We Are The World 25 For Haiti - Official Video

ituneをインストールすればこの曲(¥150)とミュージックビデオ(¥300)が購入できます。

マイケルの声をそのまま使って収録してあるのにも驚きましたが
そのデュエットの相手がジャネット
序盤からだーーっと涙がこみ上げてきました。
オリジナルと比較すべきではない事は解っていますが
参加されたみなさんはやっぱりオリジナルをかなり意識されているのか
(当たり前だ!って→オリジナルの動画は過去記事で←)
うまく歌おう!という感じがものすごく伝わってきます。
特に曲の始まりソロをマイリー・サイラスなど
若手人気アーティストに任せたチョイスは
良くも悪くも作り手側の意思がよく解る感じです。
だからオリジナルを見て一番感動するところは
みんな笑顔で歌っている表現力だったりするんですが
今年版は妙に力んでいる感じがしました
前回のように漠然とした貧困救済ではなく
今回は今そこにある崩壊の現実に対しての歌という事もあって
そう簡単に笑顔にはなれないというのもあるのかも。
あと全般的に今風なのが
曲全体のダイナミズムを感じさせる凝った作りを
その割りにクリアなイメージでまとめているところ。
オリジナルを崇拝する人からしてみれば
いじくりすぎ!と非難されそうですが
ラップの合唱やボイスエフェクトを入れてみた試みは
それなりにこの時代の曲の感じはものすごく出ている気がします
これがまた後20年くらい経ったら
今のアナログ曲みたいに感じるようになってると思うので
(なのでオリジナルは更にクラシックの領域に
これはこれでアリだと。
ただ、アメリカン・アイドルの審査員ランディ・ジャクソンなんかが
ものすごくいい表情で歌ってるのを見てると
やっぱりオリジナルが懐かしくなってきます。
これだけ大掛かりな曲を聴いたら
オリジナルの繊細さが際立ってその良さが更に深まり
これを超えられるものはないと確信するばかり
みんなが手探りなニュアンスなんだけれども
その分何かを作り上げたい、というパワーが本当に漲っている感じです。
この手探り感がいい

そんな今のリアルなWe Are The Worldを求めて見つけたのが
↓これ。プロではない方々のWe Are The Worldみたい。


とにかくこのTyler Ward さん。
完成度が高い
ライブ以外で曲を聴かせる時に最も重要なのが
レコーディングの技術なんだけれども
どんなに演奏や歌がうまくてもここが弱かったら
もったいないくらいに伝わるものが半減してしまう。
後、この試みですごいのは
ネット上でアメリカン・アイドルをやってしまえてるところ。
あのオーディション番組は
審査員の辛口コメントも見所だったりするんですが
純粋にいいボーカルを聴きたいという場合には
こういった感じでうまい人だけを集めて
自己アピールするのも効果的だと思います。
アメリカン・アイドルでトップ12に絶対残っていそうな逸材ばかりです。
(参加アーティストそれぞれのチャンネルを見ましたが
 マジでやばいくらいみんなうまい!!)
それと素人がネットを最大限に活用するアイデアそのものがまたすごい。
こういう事をやられるとレコード会社はたちまち廃業です。
日本でのこういうムーブメントはまだまだ先だと思いますが
メーカー都合の企画ものみたいなリリースばかりで
現状に飽き飽きしているところからしてみれば
本当にいいアーティストがちゃんと評価される仕組みが出来上がると
もっと日本の音楽の質も上がっていく気がします

チャリティー合戦みたいになってる本国のWe Are The Worldですが
その結果が全てハイチ復興の為になるのなら
結果オーライで手を上げたもの勝ち
でも軽々しい二番煎じは逆に評価を下げるリスクを背負っているので
みなさんそれなりの覚悟で挑んでいるだろうと思います。
ちなみに右上にブログパーツも貼ってありますが
↓こちらのサイトではハイチへのクリック募金が可能です。
クリックで救える命がある。
この曲でハイチ復興支援に賛同して寄付をしたいと思うのなら
こういった新しい仕組みの活用もおもしろいかも。


↓日本の演歌界では五木ひろしさんが発言。
 実現云々よりも誰も触れない事について
 メディア向けに表明した勇気がすごいと思いました。
 五木ひろし ハイチへ救援金200万円寄付


We Are The World ザ・ストーリー・ビハインド・ザ・ソング 20th アニヴァーサリー・スペシャル・エディション [DVD]We Are The World ザ・ストーリー・ビハインド・ザ・ソング 20th アニヴァーサリー・スペシャル・エディション [DVD]
(2010/01/27)
マイケル・ジャクソンUSAフォー・アフリカ

商品詳細を見る
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2010/02/05(金)   CATEGORY: ニュース_洋楽
グラミー後の「ウィ・アー・ザ・ワールド」再録の様子
新しい「ウィ・アー・ザ・ワールド」
のリリースが待ちきれず何となく動画を見つけました。
時間がないのでとりあえずアップ
新たな伝説の収録です
再登場の方はもちろんの事
ジョナス・ブラザーズなど
このチャリティーに参加できた若い世代のアーティストにとっては
とんでもない偉大な経験に大興奮している事でしょう。
いや、私が一番興奮している?!




We Are The World ザ・ストーリー・ビハインド・ザ・ソング 20th アニヴァーサリー・スペシャル・エディション [DVD]We Are The World ザ・ストーリー・ビハインド・ザ・ソング 20th アニヴァーサリー・スペシャル・エディション [DVD]
(2010/01/27)
マイケル・ジャクソンUSAフォー・アフリカ

商品詳細を見る



CD「平和のうた2 ~WE ARE THE WORLD」CD「平和のうた2 ~WE ARE THE WORLD」
(2003/06/20)
オムニバス

商品詳細を見る



いのちの大切さを“うた”でみんなに伝えよう 平和のうた 2 WE ARE THE WORLDいのちの大切さを“うた”でみんなに伝えよう 平和のうた 2 WE ARE THE WORLD
(2003/07/15)
不明

商品詳細を見る
[ TB-0 | CO-0 ] page top
copyright © 育児しながら音楽アンテナ all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。