育児しながら音楽アンテナ
育児の合間に気になった音楽情報をメモるブログ
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
DATE: 2008/09/29(月)   CATEGORY: TV出演
『やすらぎの時代へ』を歌う掛屋剛志君サンデージャポンで紹介される
ハンデをもつ人がある分野において特別な能力をもつ事がある、というのは映画『レインマン』で自閉症の兄に人並み外れた計算力があったという役をダスティン・ホフマンが演じたのを見てから、それからいろいろな映画の題材になったのを見てきましたが、それは映画というスクリーンを通しての知識でしかなく、それ以上興味をもつ事はありませんでした。『はだかの大将』の山下清さんや『さとうきび畑』の新垣勉さんくらいしか思いつかない程縁遠い存在。ですが、今回サンデージャポンで掛屋剛志君の声を聴いた時、BGMだったテレビの方を思わず振り向いてしまうくらい、深く透き通った声、メロディー、そして弾き語りの演奏力、どれをとってもそのVTRの前にナレーションしていた重度障害の予備知識を覆す程の圧倒的な存在感がありました。
大抵障害がありながら活躍される方の紹介では、同情を誘うような物悲しい雰囲気が漂うものなのですが(偏見でしたらすみません・・・)掛屋剛志君の場合、障害がある事を知らなくても自然と惹かれてしまう不思議なパワーがあります。彼の音楽そのものに大変興味をもちました。

なのであえて後付けとして、彼の紹介をしているインターネット情報を引用してみると・・・

>剛志君は、生まれた時から視覚障害、そして知的障害があり現在、養護学校に通う。
>彼は、目がほとんど見えないせいか、小さい頃から音に敏感で、壁や床、電信柱まで叩いて
>音が鳴るものはなんでも楽器にしてしまう程で、その才能は、今なお独自の世界観を広げ続けている。
>彼が音楽と出会ったのは、3歳のときに弾いた鍵盤ハーモニカ。
>美しい音色を奏でるこの楽器が、彼を音楽の世界へ引き込み、人生を大きく変えることとなる。
>剛志君の才能は、人並みはずれた記憶力。曲や歌詞を数回聞くと頭の中にインプットしてしまい、
>さらには、曲をジャズにアレンジしたり、独自の感性で音楽を奏でる。

とあり、2006年に『カナダからの手紙』の平尾昌晃氏より楽曲提供を受けて『やすらぎの時代へ』をリリースしたようです。この作品自体はDVD付きのシングルみたいで、これしかないので今は仕方ないですがアルバムが欲しいなぁ。2年経っているのでそろそろ制作しないかしら。
本当にイントロだけで、いいところで終わってしまう試聴機ですがこちらで聴けます。
↓NEOWING
http://www.neowing.co.jp/detailview.html?KEY=DAKHMSR-1002

誰か試聴動画か音源アップ求む!!
ちなみに『やすらぎの時代へ』は『ベスト・ワークス・コレクション 昭和歌謡の必殺ヒットメーカー 平尾昌晃の世界』にも収録されています。
やすらぎの時代へ(DVD付)やすらぎの時代へ(DVD付)
(2006/10/06)
掛屋剛志

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[ TB-0 ] page top
DATE: 2008/09/26(金)   CATEGORY: PV Wacth_洋楽
PVWacth!1/◆◆◇◇◇メタリカ
アルバム欲しい度◆◆◇◇◇デス・マグネティック/メタリカ(080912発売)
4曲目の『ザ・デイ・ザット・ネヴァー・カムズ』のPVが流れておりました。メタリカのPVっていつもストーリー性があって凝ってる印象なんですが、今回も何か意味ありげな展開のPVです。(動画は→ココ←で)どんなに年をとってもかっこいい!のに、男気がありすぎて踏み入れられないので未だ購入した事はないです・・・。。ギターのフレーズが通りすがりの人の耳に残り足を止めてしまうだけのパワーがあるか、ボーカルにどれだけの個性があるか、あとはベースとの絡みとか、リズムの独創性とか、人によって聴き方はいろいろあると思いますが、メタリカはギターの音色がいいなぁと思います。今回の曲は中盤と最後の長いギターソロが圧巻です。聴き入る、というか見入ってしまいます。新しいバンドが続々出ててもまるで把握できていないので、メタリカのような老舗のバンドが現役でばりばりやってると嬉しい限りです。(そういえば『デトロイト・メタル・シティ』というマンガの映画が公開されたようで多少メタルブームは巻き起こったみたいです。)
最近新譜が買えてないので、欲しいのが他にある、という意味で優先順位的に◆2つとなってしまいました・・・。

メタリカのPVと言えば最初の『One』が有名ですが、挿入されているシーンの独特な世界観に興味をもって、元ネタの映画を探した人も多いと思います。私もその一人で映画はあきらめて小説『ジョニーには戦場へ行った』を読みました。あまりにも絶句な物語に、感想を思うにもどこからどう言葉にしていいのやら、という感じでかなりの衝撃だった事は忘れられません。最後は感動した事は確かなんですが、こうなまなましく描写されると想像を絶してしまいます。アバウトにいうなら『ヘレン・ケラー』が五感を主軸にした実話だとしたら、この話は五感且つ五体の存在感を壮絶に語ったフィクション、という事になるかしら・・・。メタリカとはだいぶずれてしまいましたが、興味のある方は是非どうぞ。
↓『One』のPV。挿入されている映画のシーンに注目!(怖い方はスルーして下さい。)


デス・マグネティック/メタリカ
1. ザット・ワズ・ジャスト・ユア・ライフ
2. ジ・エンド・オブ・ザ・ライン
3. ブロークン、ビート&スカード
4. ザ・デイ・ザット・ネヴァー・カムズ
5. オール・ナイトメア・ロング
6. サイアナイド
7. ジ・アンフォーギヴンIII
8. ザ・ジューダス・キッス
9. スイサイド&リデンプション
10. マイ・アポカリプス
デス・マグネティック~ストロング・エディションデス・マグネティック~ストロング・エディション
(2008/09/12)
メタリカ

商品詳細を見る


[ TB-0 ] page top
A.J(BSB)が9月来日予定だったなんて。そしてキャンセルになってたなんて。
A.Jがソロを出したら絶対予約してでも買う、と思ってたのにそれより先に来日予定があったなんて!!そしてそれが既にキャンセルになってたなんて・・・。全然知らなかった~

↓もうとっくに終わってるし・・・。
2008年9月12日(金) 大阪なんばHATCH
2008年9月13日(土) Zepp Tokyo
2008年9月15日(月) 赤坂BLITZ
2008年9月16日(火) 名古屋ダイヤモンドホール

↓ローソンチケットキャンセル情報
http://l-tike.com/news/20080723.html

来日公演予定は今のところ未定らしいけど、今度来る時にはアルバム発売してから来てほしいなぁ~。
あまりにもショックだったのでメモメモ。

↓おまけ。すぱいだーまんAJ。私的にはもうちょっと編み目の詰まったのが好みです。

[ TB-0 ] page top
★★★☆☆『アンブレイカブル/BSB』胎教になってたのかもしれないバックス
同じ曲を何度も何度も聴き続ける事がある。
高校のある時期にはチャゲアスの『TREE』というアルバムを一ヶ月間オールリピートで聴きながら寝ていた。
妊娠中(約9ヶ月?)はバックスのチャプターワンというベストアルバムのDVDをひたすら繰り返し見ていた。
子供とは全く縁がなかった頃はニッケルバック(『HOW YOU REMIND ME』は本当に名曲だと思う)かクリード(残念ながらPVがしょぼい・・・)で頭ふりながらビールを嗜んだり、大学の軽音楽サークルの余韻でミニコンポのカラオケ用マイクジャックの穴に無理やりベースを繋げてオフスプリングをひきながら酔っ払ってたもんです。。。(若かったなぁ。)
んで、今は持ってるアルバムを定期的に替えながらやっぱバックスを聴いて寝てます。一回聴いて二度と聴かないCDっていっぱいあるけどこんなに聴いてもらえる楽曲を作るって本当にアーティスト冥利に尽きるって感じだろうなぁ。
先日行った中古CDショップで今更ながら『ブラック・アンド・ブルー』を560円で購入。当時はまってた状況を思い出すのと、やっぱ『シェイプ・オブ・マイハート』はいい曲だ、と泣きそうになったりして。ゆいどん、不思議な事にバックスの声聴こえて来ると『寝る』って解ってるみたいでおとなしくなります。これって胎教になってたのかもしれない。そういえば2月に東京ドームでのコンサートに行った時も2時間超ノリノリだったしなぁ。お母さんがあんなに狂ったように毎日毎日同じの聴いたり見たりしてたら影響ないわけないよな。きっと。
コンサートは去年の秋にリリースした最新作『アンブレイカブル』中心のステージ。メンバーの一人ケヴィンの脱退でどうなるかと心配したけど、まぁまぁよい出来だったと思います。(ライブよりもアルバムの方が断然いい!ライブDVDがなかなかリリースされない理由が解った気がした。。。)前作『ネヴァーゴーン(2枚買ってしまった・・・。)』がポップロックよりな仕上がりだったので今回もちょっと期待したけど、メンバーも言うように初期の頃に戻った感じもありつつ・・・、なんて浸りながら旧譜を聴いてみたら、・・・違う!!!やっぱ4人と5人では何かが違う!!!ほとんどソロをとらないケヴィンですが、いるのといないのとでは全く違って厚みがなくなってしまった感じがします。なんとかケヴィンに戻って来てほしいと願うか、さっさとみんなソロで勝負した方がいい、と思ってしまうのは私だけ・・・?
いずれにしてもずーっと『制作中』のAJのソロを首を長くして待っております!!!
↓DVD付きで来日公演時に発売されたスペシャルエディション。。。
アンブレイカブルー来日記念スペシャル・リミテッド・エディション(DVD付)アンブレイカブルー来日記念スペシャル・リミテッド・エディション(DVD付)
(2008/02/06)
バックストリート・ボーイズ

商品詳細を見る
[ TB-0 ] page top
DATE: 2008/09/05(金)   CATEGORY: レビュー_洋楽
★★★☆☆バラエティに富んだ『ディズニーマニア6』ヤミン朝のヒットスタジオ
エリオット・ヤミンがフジテレビとくだねの朝のヒットスタジオで歌っております!最近日本で頻繁にプロモーションしている感じはしていたけどこんなに身近になったんだなぁ。
彼が3位になった『アメリカン・アイドルシーズン5』は初めてこの番組を知ったシーズンだったのですごく印象に残ってます。持病を持っているのは知っていたんだけど、糖尿病&方耳が不自由というのは今知りました・・・。ごめんね、ヤミン・・・。インスリンがかかせない人生でもこんなに輝いていると、世の闘病患者に勇気と自信を与えてくれて本当に嬉しく思います。がんばれヤミン!
と、いいつつも実は歌の好みで言うと私的には若干物足りなさを感じるのも事実で。(うまい。本当にうまい。私の好みだけの話。)アメリカン・アイドルのレベルで言えば本当に最後の5人くらいまで絞られた時には、ほとんど同じレベルだと思ったけど、実際デビューして作品をリリースするとなると見方も厳しくなる訳で。

最近買った『ディズニーマニア6』。2才のわが息子ゆいどんが好きな『魔法にかけられて』の主題歌『エバーエバーアフター』(←動画はココで)が入っているのと、一日に何度も同じシーンを見せられる『カーズ』の主題歌を『ハンナ・モンタナ』の父ビリー・レイ・サイラス(←動画はココで)が歌っているのもあり、ある意味超レアな音源が収録された全15曲のカバーコンピレーションアルバム。ディズニーチャンネルが好きな人が聴いたら『あの子が歌ってる!!』というだけで単純に嬉しいものだと思うけど、子供向けチャンネルの若い世代が歌っているだけあってエネルギー有り余っています。力んでます!!
2曲目のデミ・ロヴァート(キャンプロック出演。感想はココで)と10曲目のケイト・フォーゲル(名曲『星に願いを』が・・・あぁ)なんてむさくるしいくらいです。私が年取っただけか・・・。
やっぱりビリー・レイ・サイラスが比較にならないキャリアなので一番よいのは当たり前なんだけど(何気にオリジナルのシェリル・クロウとコラボっている風がおもしろかった。)7曲目のヤミンがソウルフルに歌い上げて異彩を放っちつつも何だか物足りない。他の若手が頭の隅々にごちごちぶつかりまくっているだけにあとほんのもう少しだけパワーが欲しかった。アメリカン・アイドルの時も感じたんだよなぁ。良くも悪くも優しすぎる感じがして私の好みとしてはもうちょっとワルでいい。
ヤミンの心温かい性格がそのまま伝わってきてるのかもしれません。ボーカルの真髄はこんなところにあるのかも。

ディズニーマニア6 オムニバス
1 君がいないと/ミッチェル・ムッソ、エミリー・オスメント
2 想いを伝えて/デミ・ロヴァ-ト
3 いつか王子様が(白雪姫)/チータ・ガールズ
4 キス・ザ・ガール/コルビー・キャレイ
5 町のクルエラ/セレーナ・ゴメス
6 リアル・ゴーン/ビリー・レイ・サイラス
7 愛を感じて/エリオット・ヤミン
8 ヒー・リブズ・イン・ユー/Elijah Kelley
9 ユール・ビー・イン・マイ・ハート/ドリュー・シーリー
10 星に願いを/ケイト・フォーゲル
11 リフレクション/キキ・パーマー
12 もし象が空を飛べたら/プレイン・ホワイト・ティーズ
13 エバー・エバー・アフター/ジョーダン・プルーイット
14 お洒落は私の切り札/ケイシー・ストロー
15 夢はひそかに/Nikki Blonsky
ディズニーマニア6ディズニーマニア6
(2008/06/25)
オムニバスケイト・フォーゲル

商品詳細を見る
[ TB-0 ] page top
copyright © 育児しながら音楽アンテナ all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。