育児しながら音楽アンテナ
育児の合間に気になった音楽情報をメモるブログ
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
DATE: 2008/11/29(土)   CATEGORY: その他
CDがよく売れた時期を思い出してみる
前回の倖田來未に引き続き今朝の夢はなぜかブリトニー・スピアーズとお友達・・・。めちゃくちゃなステージリハで「どうする?これで大丈夫なの?」とか一緒にステージにいる私が耳打ちしたりなんかしてて・・・。その後楽屋でクリスティーナ・アギレラに「トリは私でいくから予定変更してて!」みたいな命令をしてて、なぜかアギレラが丁寧語で「それは困ります・・・」みたいな事を言っていた。全部日本語。なんじゃこりゃパート2でした。(この二人の対決で言うとブリトニーが「ヒットミー」の頃からアギレラの方が断然好きだったけど、最近のブリトニーのかわいそうぶりを見てたら妙に同情してたりしてて・・・。

音楽の事を書こうとすると、CD屋の経験から広く浅くが普通になっていてなかなか焦点が定まらなくなってしまいます。あの頃を思い出してみると、広く浅くと言えども私なりのセオリーがあったりしてて。
「ジャニ&ビジュは絶対外すな!」どんなに今月はミリオンアーティストのリリース有り(その日は祭になる)と言えども、常にジャニーズ系とビジュアル系の最新リリース情報はチェックしておかなくてはいけない、という私なりの鉄則。結局リリースまでにいろいろ内容の変更出るものの、ファンの動きは本当に早いものでどれくらい予約が入るかで、発注数を決めたり売上の予定を立てられたりするんですが、この最初のスタートダッシュがかなり厳しい。この2ジャンルについてはいつもそんな印象をもってました。(ジャニーズ系はSMAPを始めとして本当に本格派アーティストが増えてきたし、ビジュアル系もまたブームが循環しつつある感じが・・・。)

それ以外でいうとアニメ主題歌系。なんで今これ(この人)?みたいな動きがあったらほとんどアニメ主題歌だったりしてました。後は、洋楽一発屋系。最近ではコンピが主流かもしれないですが、学生の頃のアルバイト時期には「ロス・デル・リオ(マカレナ)」「スパイスガールズ」「スキャットマン・ジョン」なんかが流行ってて「絶対に在庫は切らすな!」状態でした。あんな風に洋楽を消費する時代はもうないかなぁ。

ひとつメーカーにお願いできるとしたら、アイドル系はもっとよく作りこんだものをリリースして欲しい。特に子供が多く手に取る作品だろうから、いい楽曲に触れさせたいなぁと思います。モー娘。の「ラブマシーン」なんか、最初に聴いた時に本当によくできた曲だと感心したもんです。あれくらいの勢いがあるアイドルがいればなぁ。(Perfumeのようなデジタル系のヒットはおもしろいけれどよく解らずで考察中・・・
そういえばだんご3兄弟の頃、メーカー系の人から「ヒットを狙うなら子供に受ける曲を・・」と聞いたのを思い出しました。

↓楽しいくらい売れまくっていたマカレナとスパイスガールズ。今はヴィクトリア・ベッカムだけが一人歩き?あ、再結成したんだっけ。いい感じでみんな熟女。



恋のマカレナ恋のマカレナ
(1996/07/24)
ロス・デル・リオ

商品詳細を見る

SPICESPICE
(1996/09/19)
スパイス・ガールズ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[ TB-0 ] page top
DATE: 2008/11/27(木)   CATEGORY: PV Wacth_洋楽
PVWacth!3/◆◆◆◆◇BORN CRAIN
ギターがメインの曲はどうしても届かない憧れみたいなのがあって、私的にちょっと背伸びしてる感じがするんですが、ピアノがメインの曲はすんなりと心に入ってきます。本当に衝撃を受けた今でもお気に入りのSUEMITSU & THE SUEMITH然り、このBORN CRAINもちょっと耳に入ってきただけでびっくりする程引き込まれてしまいました。

ピアノがメインの曲はエルトン・ジョンビリー・ジョエルが代名詞みたいなもんですが、やっぱりメロディーの良さが特徴的。BORN CRAINもメロディーはピカイチだと思います。ボーカルの質とかはその次にきますがなかなか悪くない。加えてちょっとオタクっぽい風貌も賛否両論ありそうで話題になるとおもしろいと思います。

このアルバムエイベックスから出てるんですが、副題が「~優柔不断なラブソング~」って、ダニエル・パウターの「バッド・デイ~ついてない日の応援歌」を思い出さずにはいられないネーミング。吉と出て欲しいところですが・・・。


フォー・レター・ワードフォー・レター・ワード
(2008/11/26)
ボーン・クレイン

商品詳細を見る
[ TB-0 ] page top
DATE: 2008/11/27(木)   CATEGORY: ニュース_邦楽
今年の紅白出場者決定!
今朝はなぜか倖田來未と友達で「くみちゃんどこ行ったか知ってる?」と聞きまくっている夢から目が覚めました・・・。裏口エレベーターから密かに離れていたという流れでしたが、かなりフランクな性格で「んじゃ、もうそろそろいくわぁ。ありがとね。」なんて言って消えた後、わざわざ私の為に時間割いてくれていい人だと思ったのを覚えてます。変なの。たぶん最近TVCMで見てて羊水事件から完全復活した印象が強かったんだと・・・。

ところでそんな倖田來未も出演が決定した今年の紅白歌合戦。
仕事していた時は毎年この時期が楽しみで、決定を待ってページを更新してました。(その度に倖田來未の「來」の字を間違えそうになっていた・・・)
今年の目玉はミスチルかなぁ。私的には羞恥心はもうおなかいっぱだし(つるの剛士がNHKのすくすく子育てを卒業してしまったのでつるの剛士自体にも興味がなくなってしまった)、ジェロは完璧想定内。先日このブログでも紹介した木山裕策さんが入っているのは嬉しい限り。大ヒット祈願!最近映画化もされたドラマ「相棒」で話題の水谷豊さんの初出場も小学生の頃の淡い憧れを思い出すと嬉しくなります。

紅組は妥当なところで全くサプライズがなく今年も白組の勝利をすでに予測したりして。
あえて紅組のサプライズと言うならばドリカムの出場辞退。
去年は大好きな美和ちゃんの心境を思うと本当に見てて泣けてきましたが、今年はゆっくりと過ごして充電して欲しいなぁと思います。安室ちゃんの辞退はやっぱり小室逮捕の影響なのかなぁ。長男が聴覚障害をもつ今井絵理子ちゃんのSPEEDの紅白復活は本当に嬉しいです。

何だか、夜ヒットみたいに大物外国人アーティストが出ない限り(できれば紅組に)、今年も視聴率悪そうな気配。。。
Enyaはどちらの組にも属さない出演だろうし、もうひとつ目玉が欲しいところ。

今年の紅白出場アーティスト(Yahoo!ミュージック)

↓来年発売になる倖田來未のアルバム。CD小売店にしてみればいわゆる安全パイの「売れるアーティスト」が売れなくなるのが1番困る。
Kingdom(CD+DVD2枚組)Kingdom(CD+DVD2枚組)
(2008/01/30)
倖田來未東方神起

商品詳細を見る
[ TB-0 ] page top
DATE: 2008/11/20(木)   CATEGORY: ニュース_洋楽
12月エクストリーム来日って
8月に発売した新譜をひっさげて12月に来日公演があるらしく、それに先立ってアコースティックライブをやるみたいです。完全復活って私的には「More than words」ができればいいからヌーノ・ベッテンコートとゲイリー・シェローンがいればいいのかも。。。
<EXTREME in MARUNOUCHI>
2008年11月30日(日)17時30分より
東京・丸の内 丸ビル イベント・スペース(1階マルキューブ)
出演予定:ヌーノ・ベッテンコート (g)
ゲイリー・シェローン (vo)
パット・バジャー (b)
ケヴィン・フィグェリド (ds)
応募締め切りは11月24日→ココ←で応募

そういえばガンズの新曲聴いたけど(よく言えば今風。ちょっとミーハーっぽいかなぁ)。。。。アクセル以外オリジナルメンバーいないってどうよ。(「1997年にはアクセル個人がGN’Rというバンド名の所有権を法的に獲得。」なんだって)→ここ←で試聴できます。
ユニバーサル ミュージックが「ヘヴィ・メタル忘年会」なるものを企画しているらしく、いい感じにメタボっ腹になったあの日の青年達がたくさん集まりそうです。久しぶりに伊藤政則氏の話も聞いてみたいなぁ。あ、でも応募するなら買わなきゃいけないのか。時間がある時DLして最近のヘビメタセレクションCD作る予定なんですが・・・。リリース多いからネタ満載だ!

<ヘヴィ・メタル忘年会>
ユニバーサル ミュージック・プレゼンツのガンズ・アンド・ローゼズとメタリカをメインとした「ヘヴィ・メタル忘年会」が開催されることになった。内容は伊藤政則氏のトークライブやここでしか観れないガンズやメタリカの秘蔵映像のビデオ・コンサートだ。
大阪:12月19日(300名様)
東京:12月23日(500名様)
参加方法は、11/22にリリースされるガンズ・アンド・ローゼズ『チャイニーズ・デモクラシー』と、すでに発売中のメタリカ『デス・マグネティック』の商品タスキに記載されている、規格品番を切り取り、2枚1口を完成はがきに貼って、名前、住所、電話番号、年齢、性別、希望する会場を明記のうえ、以下のところまで応募。締め切りは12月10日当日消印有効。

東京都港区赤坂8-5-30
ユニバーサル ミュージック(株) インターナショナル 販売促進部「ヘヴィ・メタル忘年会ご招待」係

との事。おもしろそう~!!!

↓エクストリームの名曲「More than words」

サウダージ・デ・ロックサウダージ・デ・ロック
(2008/08/13)
エクストリーム

商品詳細を見る

チャイニーズ・デモクラシーチャイニーズ・デモクラシー
(2008/11/22)
ガンズ・アンド・ローゼズ

商品詳細を見る

デス・マグネティック~ストロング・エディションデス・マグネティック~ストロング・エディション
(2008/09/12)
メタリカ

商品詳細を見る
[ TB-0 ] page top
DATE: 2008/11/09(日)   CATEGORY: レビュー_洋楽
★★★★★ハイスクールミュージカル ザ・ムービーサントラ
大抵続編というのは1作目を超えないと言われるもので、シリーズ化される時には1作目が最高傑作になる場合が多々あります。
でもハイスクールミュージカルに関して言うと、「2」は「1」を裏切らなかったし、もしかすると「1」を超えたような気がしないでもない。今回来年2月に公開するハイスクールミュージカル ザ・ムービー(原題は「3」の表記あり)のサントラを聴いて、もしかしたら旧作全てを超えてるのかもしれない、という期待が湧いてきました。

恐らくケーブルチャンネルでの限られた放送だったので、映画公開するにあたって全く見た事のない人に対してのプロローグ的な要素もあるだろうし、メインキャストが卒業し「4」からは全て入れ替わる事を踏まえると今までの集大成になっている事は推測できます。そしてストーリーもさる事ながら、このサントラも前作を裏切らない締めくくりにぴったりのよい出来!
最初にシングルカットされるメインタイトルが映画の掴みになりますが、この「Now Or Never」は映画の期待感を盛り上げるのにまさにもってこいの曲です。CMでは主人公トロイが小休止をしてすぐに恋人ガブリエラの呼びかけがあり、そこから掛け合い部分が始まりますが、実際は小休止がちょっと長めでトロイの息遣い、それを見守る観客達の応援する掛け声が入っており、この部分は映画の雰囲気が少しだけ味わえます。CMを見慣れた人だったらガブリエラパートをフライングしてしまうかもしれない。(実際私はそうなりました。)このサントラを聴いてなかったらたぶん映画館で沈黙の中ひとりで絶叫していたかもしれないデス・・・。
その他の楽曲も今まで通り素敵なトロイ&ガブリエラのデュエットソングがあったり、エヴァンス姉弟のゴージャスソングがあったり、男の子ソング、女の子ソング盛りだくさんで本当に楽しい、映画の雰囲気がよく伝わるアルバムです。11曲目の「 We're All In This Together (Graduation Mix)」は「1」のメインテーマのスローバージョン。泣けてきます~!!!個人的には9曲め「Scream」の泣きのギターに入る前のザックのボーカルがお気に入りです。

ちなみに同梱のDVDは輸入盤でも日本で再生可。(機種によってはNGな場合もあるかもしれないですがうちはOKでした。)もちろん全て英語ですが本作の公開を待ちきれない人にはわくわくの収録内容になっていると思います。(メイキング&トレイラー&「Now Or Never」のPV)

※サントラ発売(映画公開)までの私の盛り上がりは→こちらのブログのディズニーチャンネルのテーマ←で続けてます~

High School Musical 3: Senior Year [2-Disc Premiere Edition Soundtrack](輸入盤)
<収録曲>
1. Now Or Never
2. Right Here, Right Now
3. I Want It All
4. Can I Have This Dance
5. A Night To Remember
6. Just Wanna Be With You
7. The Boys Are Back
8. Walk Away
9. Scream
10. Senior Year Spring Musical
11. We're All In This Together (Graduation Mix)
12. High School Musical
High School Musical 3: Senior Year [2-Disc Premiere Edition Soundtrack]High School Musical 3: Senior Year [2-Disc Premiere Edition Soundtrack]
(2008/10/21)
Various Composers、

商品詳細を見る
[ TB-0 ] page top
DATE: 2008/11/05(水)   CATEGORY: ニュース_邦楽
KEIKOに深く同情
小室逮捕のニュースは確実に今年を締めくくる最大の国内ニュースになると思われます。(今後もずっと報道は続くと思います。)

これだけ影響力のある人だからいろんな見方がありますが、私個人としては小室自身極悪人な感じはしないです。もちろん世間をなめた行動をした結果の犯罪なので糾弾されるべきではあるとは思うけど、ただあまりにも適正がなかっただけ(←もっと的確な言葉あるけど非常にやわらかい言い方を選びました)だと思います。
完璧な人間なんていないです。なぜYESマンだけでなくNOマンも近くにおかなかったのか。それだけで絶対違ったはずなのに。我がままを放置した周囲の人にも責任はある。だって、これだけ稼いだ人なんだから何かが狂うのは当たり前。小さい頃から億万長者なるのが解ってたらそれなりの勉強していただろうけど、こうなったら宝くじみたいなもので、幸運にも自分の創作する音楽を世間がたくさん消費してくれる時代と合致してしまったからあれよあれよと頂点を極めてしまった。。。どこかで自分自身を見極めなければいけなかったのに。

それにしても本当に気の毒なのは彼にまつわる女性達。別れても続けても幸がない彼女達の結果論的優劣は簡単にはつけられないけど、嫌いではなかったKEIKOがとてもとても可哀相でならない。
他にも噂されていた人いたのに小室さえ選んでなければ・・・。姉御的ないい人だと思います。何よりもその他小室ファミリーの中で1番ボーカルの才能があった。「FACES PLACES」が好きだったけど、本当にすごい高音を操っていたなぁと感心してしまいます。(時に耳障りな雑音になる事もありますが、一応ちゃんと音程を保っているし曲としてはまっていたと思います。マライアの心地いい高音というより刺激的な感覚。)既に離婚済みという事ですが、夫婦で借金を抱えずKEIKOだけでも稼いで、きっと小室の借金返済に充てていくんだろうなぁ。がんばれ!KEIKO!
⇒情報が錯綜しているようで11/6付けニュースでは離婚していない、との事。

NBAのシャキール・オニールが大学を卒業した、というアナウンサーのコメントが確かレイカーズ優勝の時に一緒に流れ、既にスーパースターである彼にその理由を尋ねた答えが「どんなにお金を持っていたとしてもその使い方が解らなければ意味がないから」(だいぶ意訳的記憶)と言っていたのを何となく思い出しました。今更ながら心からの賛辞を送りたくなってきてます。

世界規模で言うと今年を締めくくる最大ニュースはやはりアメリカ大統領選挙。初の黒人大統領誕生でこれから世界はどのように変わっていくのか。私としては少しでも差別・偏見の考えが変わるといいなぁと思っています。

↓このCM1番印象に残っています。当時のglobeはなんとなくThe Prodigyと重ねてました。
 (っと埋め込みソースをコピペしたところ)うぉ、埋め込み禁止になってる。。。
 どうしようもないのでThe Prodigyのお気に入り恐ろPV(globeとは全く関係ないです・・・)ペタっとな。


↓KCO名義のリリース
O-CRAZY LUVO-CRAZY LUV
(2008/04/30)
KCO

商品詳細を見る
[ TB-0 ] page top
copyright © 育児しながら音楽アンテナ all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。