育児しながら音楽アンテナ
育児の合間に気になった音楽情報をメモるブログ
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
DATE: 2009/06/28(日)   CATEGORY: PV Wacth_洋楽
PVWacth!10/◆◆◆◆◆USA For Africa -/We Are The World
ここのところマイケル浸りです。
といっても熱烈なファンだった訳ではなく、追悼番組で「スリラー」のPVのノーカット版を初めて見たくらい一般的な認識でしかありませんが、今までの功績をPVで辿って見ていると、どんな奇行がゴシップされようとも天才である事には変わりないのだなぁと実感するばかりで、否定の要素が何もみつかりません。
We Are the World: Story Behind the Song (2pc) [DVD] [Import]We Are the World: Story Behind the Song (2pc) [DVD] [Import]
(2005/02/01)
Dan AykroydHarry Belafonte

商品詳細を見る

特に私にとって思い入れが強いのが「We Are The World」。
このPVはいつみても泣けてしまう私にとってのツボな曲。ぐぐっと高まってくるのがシンディ・ローパー辺りからです。レイ・チャールズくらいから堪えてたのがポロポロと溢れ出してきて、大合唱の画面に戻るとモニターがもう神々しく光輝いています。
。。。という言葉にできないどうしようもない気持ちを何とか伝えたく、一人メソメソしている私を横目に夫とゆいどんから「泣いているね~」なんて言ってからかわれながら、そこで「パワーが・・・」「ひかりが・・・」等と切れ切れに振り絞って呟いてみるも「なんかおかしくなっちゃったね」と笑われる始末

本当に説明のしようがないんですが、誰かが人の語る経典なんか聞いて涙しながら信心深くなるとしたら、私の場合たぶん「音楽経」なんじゃないかと思うくらい。音楽のパワーで体が粉々になって砂も地球のかけらなんだと(By アン・ルイス)昇天したくなったり、映画「ゴースト」でパトリック・スウェイジを迎えに来る光が耳から入って胸に突き刺さってくる感覚。映画「ハルマゲドン」で隕石と共に吹っ飛んだブルース・ウィリスになったかのような精神の爆発感。(・・・←と、もう既に訳が解らない。)

私の生活の中でこんなに理由なくひれ伏せたくなる程生身の心を揺さぶられる瞬間はないと感じてしまいます。
それくらいのパワーをこの曲から感じるのですが、あえて言葉にするならば歌を楽しんでる表情。
ビッグスターばかりの顔ぶれに圧倒されているのも確かなんですが、だからこそ表現力が豊かで1人でも大きな会場をいっぱいにできるアーティストがこんなにも集まってどれだけ掛け算したら、こんなに無限大の力を送り出せるんだろうと、こんなにたくさんの強大な力を動かすこの「We Are The World」という曲はなんて計り知れない創造物だろうと、作り出した者への神業に対して不可能を体現してみせたミラクルの誕生にただただ敬服し、タイムリーに生きて出会えてた事に感謝するばかりのちっぽけな私。
・・・そして、その神業を成した人こそがマイケル・ジャクソンだった訳です。

この曲以外にも、超人的なダンスの技やPVの作りこみ方など、あらゆるジャンルの先駆者としての影響力はすざましかっただろうと思います。(個人的にはバラードが好きです)
あとやっぱり残念なのがゴシップまみれだったのはそうならざるを得ない状況だったとしても、ビッグビジネスのおこぼれに預かろうときっといろんな人がくっついてきたんだろうなぁと想像できるし、それで余計なストレスを抱えてしまうのは運命だったと割り切るにはどうも納得がいかないアメリカの経済観念。
まさしく世界の伝説となった今、彼の功績をあらゆる面で顧みて悲しみ以上の深い感情に包まれているのはきっと私だけではないと思います。。。

↓ブルース・スプリングスティーンは私的に大友康平(ハウンドドッグ)とかぶる。


スポンサーサイト
[ TB-0 ] page top
DATE: 2009/06/17(水)   CATEGORY: PV Wacth_邦楽
PVWacth!9/◆◆◆◆◇MINMIが「ウェディング」を歌うとこうなる!
6月って特に祝日がある訳でもなくなんか印象が薄い月
でも何月だっていっても仕掛けない事にはムーブメントは起こらない、ってな訳でこの時期必ず言われるのがブライダルシーズン。んで、ウェディングソング、っと。

なんとあのJレゲエ界のディーバMINMIがウェディングソング「アベマリア」をリリースしたみたい!!!
古典音楽の代表作シューベルトの「アベマリア」をモチーフとした軽快なナンバー。最初聞いた時、なんかそれっぽいな~とは思ったけどこんなにオルガン弾きまくりのホーン吹きまくりのストリングスいっぱいのもろ狙い路線をやるかなぁと少々疑問気味で。んでアーティスト調べたら・・・!売る為とはいわずとも湘南乃風の若旦那と結婚して母になったばかりの彼女にとってはかなり身近なテーマだったと思うし、旬だからとただ時期にのっただけのテキトーリリースに比べたら断然完成度が高い!
涙腺直撃系が実は好みだったりするんだけど、これくらいはじけて(ハートエプロンはちょっとやり過ぎな感じが・・・)お祝いしたらもう全てが結果オーライ!!んで、その軽さの中に絶妙な重みが見え隠れ。このちょい見せ感がまた好奇心をくすぐる訳で。最初は聴き慣れないパターンのウェディングソングと思われても、結構定番ソングになる可能性ありな一曲だと思いました。何よりもありがちジャンルにも関わらずMINMIらしさが全開、ってのがいい

ところで「ジューンブライド(6月の花嫁)」ってどんな意味があるの??
6月はローマ神話の女神で結婚と女性の守護神ユーノー(ジュノー)の月とされ、この月に結婚する女性は幸福になると伝えられる。(Yahoo!辞書より)
・・・ロマンスのこだわりですな。ちなみに私のおめでたウェディングは4月でした。あ、誰も聞いてないって。


→MINMIの「アベマリア」PV。貼り付けNGなのでYouTubeリンクで←
アベマリア(初回限定盤)(DVD付)アベマリア(初回限定盤)(DVD付)
(2009/06/17)
MINMI

商品詳細を見る


↓当時日本有線大賞新人賞受賞でブレイクしたnavy&ivoryの「指輪」。こういう直球ものに弱い私。イベントライブ見に行ってポロリとなりました「約束します 君を残して 僕は死ねません」(全歌詞はこちらクリック)。
公式PV(→YouTubeリンク←)は貼り付けNGなので歌詞編集バージョン。(「誰も知らない泣ける歌」っていう番組でも紹介してたみたい)


↓ウェディングとは関係ないけれど、私の好きな刑事もの映画シリーズの「リーサルウェポン4」のエンディングで流れる「Why Can't We Be Friends」 はにぎやかな楽しい歌なのにいつも泣かされます。


navy&ivoryの曲も収録「夢がかなううた」
夢がかなううた夢がかなううた
(2009/04/29)
オムニバスHOME MADE 家族

商品詳細を見る
[ TB-0 ] page top
copyright © 育児しながら音楽アンテナ all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。