育児しながら音楽アンテナ
育児の合間に気になった音楽情報をメモるブログ
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
DATE: 2009/09/25(金)   CATEGORY: ニュース_洋楽
今年のMTV VMA(ビデオミュージックアウォード)2009は・・・
どうやら何かと話題になってたみたい。今年のVMA。
本国では9/13(日)放送だったらしいけど、騒ぎになったという情報を得てからは日本での再放送を待つばかり。やっとでオンエアされたのを見てたらやっぱ唸ってしまうものがあって・・・。
最初のマドンナのマイケル追悼コメントは本当に良かった。後日本当に友人なんだろうか、と思わせる人のコメントがいろいろ出てくるのもお約束なくらいのマイケルネタ。(マドンナはマイケルと親しくしたがってたがマイケルは逆だったという内密の相談・・・があったって。→Yhooニュース)でもそれも関係ないくらい心を打つ内容でした。(マイケルがキングなら、マドンナはクィーン!!)
その後のジャネットのステージも拍手喝采!もうスクリーンでしか共演を果たせない現実を改めて認識し、ジャネット何とも言えない苦々しい表情からその心の痛みが伝わってくるようでした



去年に引き続きイギリスのコメディアン、ラッセル・ブランドの司会。
前回の見た限りではもうこの役は回ってこないんじゃないか、と思うくらい引いてしまってたけど
リベンジの機会が与えられたって事はそれなりに大人しくなるのか・・・。
って覚悟してたら本当に面白みがなく、お行儀良くなりすぎて何だか拍子抜け。
ビヨンセはキラキラプルプルが圧巻すぎて疲れ、レディー・ガガの悪趣味演出にドン引き
楽しみにしていたP!NKでさえサーカスしながら歌うなんてちょっとやりすぎ
一番良かった不変のパンクキッズだったグリーンデイ
こんなにも演出過多だと普通にライブしてくれた方が純粋に嬉しい。

VMAと言えば映像がメインな賞らしく、授賞式全体を凝った映像で楽しませてくれてた気がするのだけど、今年はアーティスト頼みな感じが全開で全体的にまとまりがなく荒削りな印象でした。
しょぱなから全てを台無しにするくらい冷めさせたカニエの失態(本当はビヨンセが受賞すべきだ~!!って酔っ払ってもマイクで言ってはいけない!→Yahooニュース)が一番の原因であるのは確かとは言え、アーティストの力量だけに頼る方向であったが故の出来と言えば、カニエだけに責任を押し付ける事はできない気がする。
アリシア・キーズが最後締めてくれたのは嬉しかった・・・と言いたかったのに
ここでもまたステージ乱入(→Yahooニュース)。本当に残念なくらいひっちゃかめっちゃかだった

↓死後からまだそんなに経ってないのにリハーサルシーンを映画にして公開って・・・。
待っていたファンの為という事なのかなぁ。限定公開の映画のチケットは大反響みたいです。
「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」オリジナル・サウンドトラック「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」オリジナル・サウンドトラック
(2009/10/21)
マイケル・ジャクソン

商品詳細を見る


↓クィーン・オブ・ポップ! マドンナのベストが新曲入りで発売!
セレブレイション~マドンナ・オールタイム・ベスト(2枚組)セレブレイション~マドンナ・オールタイム・ベスト(2枚組)
(2009/09/30)
マドンナジャスティン・ティンバーレイク

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[ TB-0 ] page top
PVWacth!12/◆◆◆◆◇Backstreet Boys
バックス新譜のPVが発売に向けて大量オンエアされるみたいです。
WEB公開の分も前回のに追記しておこうかと思いましたが、それだけでは収まりそうになかったので今回もバックスを・・・

今作のPVはバンパイアが登場!このところはイメージビデオ的なPVが多かったので、こういった「エヴリバディ」を思わせる原点回帰なPVは本当に嬉しい。王者健在!みたいな気合の入り方が伝わってきます。
んで内容が現在流行っているリバイバル系の楽曲を意識した、ロドリゲスとタランティーノの「フロム・ダスク・ティル・ドーン」やジョン・カーペンターの「ヴァンパイア 最後の聖戦」を思わせる(今風よりだと「ブレイド」も思い出さなくもないけれど)90年代の匂いがほのかに香るバンパイア映画をモチーフとした展開。まぁ、この手の映画のオーソドックスなところではありますが、それを取り入れたってところがまたニクイ
ネヴァー・ゴーン」の「ジャスト・ウォント・ユー・トゥ・ノウ」のPVでやった80年代ハードロックパロディはやり過ぎた感じで、本気で好きな側からしてみれば若干引き気味だったんだけど、今回のB級的さじ加減は本当に素晴らしいと思います
ちょっとだけ意地悪な見方をしたらこの暗いステージの演出が幸いして、彼らの年を重ねた風貌のギャップを見事に隠してしまっており、私の大好きなAJを目を凝らして見ようとしてもなかなか定まらず(定まらさせない?!)後ろ髪を引かれる思いで終演となるのにやられました。(エクササイズし過ぎなんじゃないか?っていう今のニックの方が運動不足風ぽてぽて期もあったのに、今はAJがちとやばそう。ハーウィーとブライアンはいい感じの旦那様なルックス!)バックスの本来の良さをきちんと取り戻した賢い作りで、従来ファンだけではなく新しいファンの獲得も期待できそうです。

そうそう公式HPによると10月頭にはプロモーション来日するらしい
アンブレイカブルツアーで初参戦したゆいどん(当時は1才半くらい)とコンサートには既に行く気まんまんなので、日本公演スケジュール決定を待つばかりなんだけれども・・・。

ちなみに↓はこのPVのイントロダクション。Yahoo!翻訳そのまんまっす。オチに繋がります。 
Day Walkers: A group who band together to protect innocent mortals or Kine against the Gentry: Vampires who hunt for prey at bars and nightclubs. Sometimes these hunters become, The hunted..
日歩行者:罪のない人間またはKineをGentryから保護するために団結するグループ:バーとナイトクラブで餌食を捜す吸血鬼。時々、これらのハンター(捜すもの)は、起こります..

↓Backstreet Boys/Straight Through My Heart



↓バックスファンならこういうのもおもしろいかも。パロディが出現するのはリスペクトのひとつの形。


↓これを見た時は最初本当に6人組だった気がしていた・・・


ディス・イズ・アス(初回生産限定盤)(DVD付)ディス・イズ・アス(初回生産限定盤)(DVD付)
(2009/09/23)
バックストリート・ボーイズ

商品詳細を見る

ディス・イズ・アスディス・イズ・アス
(2009/09/30)
バックストリート・ボーイズ

商品詳細を見る

グレイテスト・ヴィデオ・ヒッツ-チャプター・ワン [DVD]グレイテスト・ヴィデオ・ヒッツ-チャプター・ワン [DVD]
(2004/11/24)
バックストリート・ボーイズ

商品詳細を見る
[ TB-0 ] page top
copyright © 育児しながら音楽アンテナ all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。