育児しながら音楽アンテナ
育児の合間に気になった音楽情報をメモるブログ
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
DATE: 2009/11/28(土)   CATEGORY: ニュース_洋楽
ジンジャー体操?!
何だかツボにはまってしまったのでご紹介
ジンジャー体操だそうです。


↓こちらは下っ腹体操のハードロック編
 2:55辺りからどぞ


本格的な冬の寒さが到来する前に
ジンジャー体操で燃焼率アップ!でいつでもポカポカ
・・・ってそううまくいく体操なのか?
体操のおねえさんキャサリン・ジンジャーが
各部位別の体操をご紹介。
ハードなトレーニングがちょっと苦手な貴女も
楽しい音楽に合わせて引き締めちゃおう!
ジンジャーズと一緒にレッツ!ジンジャー体操
(→GIN GERS公式HP←)

★80'sポップロックやニューウェーブ風
(誰風と言った方が解りやすいかもしれない)
ウエスト・・・Waist side stream(シュシュッと軽く腰フリー)
お尻・・・Hip Step Jump(引き締めジンジャー天国よ)
太もも・・・太ももヘブン

★ディスコ
二の腕・・・二の腕ボンバー

★ハードロック
下っ腹・・・パワーオブ下っ腹

と流暢な日本語交じりの歌もたぶん本人が歌いながら
微妙なダンス(エクササイズ)を繰り広げております。
後ろの男性二人のダンシングチームが
いい加減にテキトーなのがまた狙い目だと思いますが
このくだらなさは結構おもしろいんではないでしょうか
やっぱり
下っ腹 スッキリ 綺麗に 基礎代謝を上げるのよ
下っ腹 マイラブ メラメラメラメラ 燃やすわ
パワーオブ下っ腹!!!

が一番楽しいですな
ビリー隊長からは見放されても
ジンジャーズならきっと助けてくれるかもしれない!?

ちなみにこれはカネボウ化粧品の
引き締めジンジャーシリーズ
(栄養ドリンク・サプリメント系)の
販促エンタメみたいです。
商品そのもの以上に
ジンジャーズの方が話題になりそうな気がします
(→引き締めジンジャー公式HP←)



カネボウ化粧品 引き締めジンジャー<ドリンク> 100mL×6本・ボトル缶


カネボウ化粧品 引き締めジンジャー<ソフトカプセル> 340mg×60粒




↓過ぎったアーティスト
セレブレイション~マドンナ・オールタイム・ベスト(2枚組)セレブレイション~マドンナ・オールタイム・ベスト(2枚組)
(2009/09/30)
マドンナリル・ウェイン

商品詳細を見る

ラジオ・スターの悲劇+3ラジオ・スターの悲劇+3
(2006/12/20)
バグルズ

商品詳細を見る

アバ・ゴールド<コンプリート・エディション>アバ・ゴールド<コンプリート・エディション>
(2008/12/29)
アバ

商品詳細を見る

マザーシップ~レッド・ツェッペリン・ベスト (スーパー・ファンタスティック・ベスト2009)マザーシップ~レッド・ツェッペリン・ベスト (スーパー・ファンタスティック・ベスト2009)
(2009/04/01)
レッド・ツェッペリン

商品詳細を見る

グレイテスト・ヒッツグレイテスト・ヒッツ
(2006/01/25)
モトリー・クルー

商品詳細を見る

メタリカメタリカ
(2009/03/04)
メタリカ

商品詳細を見る

スポンサーサイト
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2009/11/24(火)   CATEGORY: PV Wacth_洋楽
PVWacth!16/◆◆◆◆◆アダム・ランバート/ミラクルズ/アメリカン・アイドル出身アーティストの大躍進!
映画「2012」を見てきてからというもの
頭の中「にーぜろいちにー」ばっかり
(→映画ブログ「育児しながら映画アンテナ」でどぞ←)
映画を見る時にかかせないのがエンディングのテーマソング
画面でエンドロールが流れている間
既に席を立ってしまう方もいらっしゃいまっすが
私の場合相当ひどいテーマソングでない限り
じっくり聴いて余韻を楽しみます
どんなに駄作と感じた映画でも
終わりよければナントカってやつで
テーマソングくらいは、と救いを求めてみたりとか。

この映画「2012」でも素晴らしい興奮の後
壮大なイメージのままエンディングソングが耳に流れ込んできました
そういえば、アメリカン・アイドルシーズン8の準優勝者
アダム・ランバートが歌ってるんだっけ?
と当時の歌いっぷりを想像しながら聴き入る事数秒。
これ、結構いいんじゃないの!?
(→アダム・ランバートのソニーミュージック公式HP←)



アメリカン・アイドルシーズン8開始当初から
誰もが認める実力をもっていたにも関わらず
結果は準優勝
(過去記事→「アメリカン・アイドル」カテゴリー←でどぞ)
後から本国の様子を調べましたところ
アメリカらしいあらゆる観念に阻まれてしまったようで
(この番組は視聴者の投票によって
 順位が決まるシステム)
ヴォーカリストとしての「質」よりも
スターとしての「人」がジャッジされてしまい
ある意味気の毒な感じもしますが
結果的にデビュー前から話題性がある
という事では
スターの素質は十分のように思います。
そんなアダム・ランバートのデビュー盤に収録される
「ミラクルズ」が超大作映画の主題歌に
立体音響のハイクオリティーな映画館なら尚更
彼の十分に引き出された良さがびしびし伝わってくる仕上がりで
思わずシーズンを見ていた時の興奮が蘇ってきてしまいました。
このPVでも映画で豪快にぶっ壊される地球と同じくらい
巧みなヴォーカル力で豪快に歌い上げており
時期、楽曲、キャラクターともに
相乗効果を狙えるぴったりの起用だったように思います

個人的にファンになれるかどうかはまだ解りませんが
根深い固定ファンがつくタイプだと思うので
お気に入りが見つけられないと探している方には
好きであればとことん浸って好きになれる!
と絶対にオススメできる超大型新人アーティスト
これからの動向にも目が離せません!

↓審査員からも「パーフェクト!」と絶賛された
 アダム・ランバートが歌う
 レッド・ツェッペリンの「Whole Lotta Love」
 規制が厳しいようで鮮明なのが見つかりませんでした・・・




↓国内盤はいつ発売?着うたは大ヒットしているみたい。
For Your EntertainmentFor Your Entertainment
(2009/11/23)
Adam Lambert

商品詳細を見る


2012 オリジナル・サウンドトラック2012 オリジナル・サウンドトラック
(2009/11/25)
サントラアダム・ランバート

商品詳細を見る
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2009/11/18(水)   CATEGORY: レビュー_洋楽
★★★★☆Bon Jovi/ザ・サークル/受容から立ち上がるロックの形
エアロスミスのスティーヴン・タイラーとジョー・ペリーの対決は
どうやら水面下での戦いとなり
表向き脱退の様相は収まってきたみたいです
(シネマトゥデイニュースより
エアロスミスは解散しない!スティーヴン・タイラーがジョー・ペリーのソロライブに飛び入り参加!←)
スティーヴン・タイラーが抜けたエアロスミスなんて
もはやエアロスミスじゃない
ヴォーカルの入れ替わりが激しいヴァン・ヘイレンだって
ギタリストのエドワード・ヴァン・ヘイレンが抜けたら
そのものがなくなったも等しい。
そしてそれくらい同じ意味を成す
「ボン・ジョヴィ」というハードロック史における
歴史的一大プロジェクトの先頭に立つジョン・ボン・ジョヴィが
またまたすごいアルバムを出してくれました
彼の類稀なところは
素晴らしいバンド仲間に出会えた事で
特に最近プライベートが波乱気味で
ゴシップを賑わせていた
ギタリストのリッチー・サンボラとの仕事を


このアルバムはスタジアム級のドでかいギターありきの作品だ。
リッチーが隣にいてくれる証し。
それが俺にとってどんなに大きかったか。
言葉じゃ言い尽くせない。
俺とリッチーの場合、1+1は3なんだ

公式サイトインタビューより)

と考えるなど
常にリスペクトを忘れない心が
近い人のみならず
世界中の人々の心を鷲づかみにする魅力なんだと思います。

そして、届きました!今回の新作「ザ・サークル」。
ジャケットの仕様がDVD付き限定盤はキラキラの紙ジャケット!!!
これから音楽はダウンロード世代になっていくと思いますが
CDの価値を残しておくのなら
アナログレコードのファンが未だ熱いように
ジャケットには十分こだわって欲しい!!
今回の仕様はそれだけで涙ものです。
そして驚いたのが特典DVDがなんとドキュメンタリー!
私、知らないでDVD付きにしたんですが
普通PVとかライブなんで
わざわざドキュメンタリー編集された映像を特典で付けるなんて
ファンサービスしすぎって感じで「愛」を感じずにはいられません。

最近のCDはDVD付きが多く
値段も市場のお約束マジックで安くする事ができるんで
絶対DVD付きがお得です。
そんな訳で同時購入したP!NKの最新作「ファンハウス」は
輸入盤のDVD付きツアーエディション
今度届くのはニッケル・バックのDVD付きツアーエディションです。
すぐ買うよりもしばらく待ってDVD付きを買った方がお得って
何だか納得いきませんが
そんなに余裕がない経済状況ではそうせざるを得ません

話ずれまくりで・・・
DVDは後でゆっくり見るとして
全体を通して聴いてみましたら思ってたよりも
ちゃんとBonJoviしてたんでちょっと驚きました
期待度が低かったからその反動なのかも。
リードシングル「ウィー・ワーント・ボーン・トゥ・フォロー」は
PVで試聴した感じと大して変わらなかったんですが
(過去記事→PVWacth!13/◆◆◆◇◇BON JOVI/We Weren't Born To Follow←でどぞ)
全体を通して聴いたら「今」の彼ららしさ全開で
ロックンロールオヤジの神々しいカリスマ性が
一段と輝く仕上がりになっていました。
特に好きなのは壮大なイメージの
2曲目「ホエン・ウィー・ワー・ビューティフル」と
9曲目「ラヴズ・ジ・オンリー・ルール」。
1曲目「ウィー・ワーント・ボーン・トゥ・フォロー」や
3曲目「ワーク・フォー・ザ・ワーキング・マン」に関して言えば
似てると思ってもオリジナル自体彼らのものなんで
たぶんアンサーソング、もしくは続編くらいの勢いなんじゃないだろうか。
最後の「ラーン・トゥ・ラヴ」は
キープ・ザ・フェイスやジーズ・デイズの頃の
興奮を思わせるアルバムの締め方
このアルバムには
今の時代を見極めた無理のない等身大のロック魂が流れている。
「ロックは死んだ」と嘆いて終わりを告げたバンドもいますが
変わり行くロック魂の背景を
じっくりと受け入れてきたボン・ジョヴィのようなバンドが
しっかりと次の世代に「伝える」仕事を担っており
奮い立ち上がる底力
ひいては「自分を信じる力」を体現して見せてくれている事に関しては
親を見て育つ子供の為の「戦う父の背中」そのものなのかもしれない。

オールリピートでもう十数回は繰り返して聴いてますが
刺激的な飛びぬけた衝撃はない代わりに
後半に進むにつれて何度も聴きたくなる深さがあります

↓ロックスターにサングラスは必須アイテム。
 それぞれ個性にぴったりなのを選んでましたが
 私は永遠のソバージュキング、デビット・ブライアンの
 ウェーブヘア+ライダ風ーサングラスに一票
 ・・・っと内ジャケ画像を探しましたが見つからなかったので
 「勝手にサングラス大会」は買ってからのお楽しみという事で。
 
ザ・サークル~デラックス・エディション(DVD付)ザ・サークル~デラックス・エディション(DVD付)
(2009/11/04)
ボン・ジョヴィ

商品詳細を見る



 ↓こちらは日本語版インタビュー


↓オススメDVD付きCD
Funhouse: Tour Edition/+DVDFunhouse: Tour Edition/+DVD
(2009/11/02)
P!nk

商品詳細を見る
ダーク・ホース ツアー・エディションダーク・ホース ツアー・エディション
(2009/11/25)
ニッケルバック

商品詳細を見る

 
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2009/11/05(木)   CATEGORY: PV Wacth_邦楽
PVWacth!15/◆◆◆◆◆Superfly/Dancing On The Fire


初めて1stアルバムを聴いた時は
全曲シングル曲かと驚いたくらい
ものすごい完成度だと思いました
確かそのアルバムに収録されている
「愛をこめて花束を」のPVで聴かせた
鳥肌が立つほどの強烈な印象がきっかけだった気がしますが
あまりにもパワフルにそして巧みに歌いあげるボーカルに圧倒されっぱなし。
その1stアルバムのスマッシュヒットを経て発売された
2ndアルバムも更なる成長を遂げ大好評なまま
今回ニューシングル「Dancing On The Fire」が発売となるようです

↓初回生産限定盤はLive DVD付きでかなりお買い得。
 Liveの迫力も必見です



Superflyに関して言えば
今が旬とかそういうものではなく
誰がどう聴いても文句なく本物だと思うので
後はじわじわ浸透さえすれば
将来大御所の仲間入り確実です。
今回の「Dancing On The Fire」も
年末のパーティーシーズンご用達の一曲として
みんなで楽しめる事間違いなし。
彼女のPVはどれを何度見ても
「こんなにキュートな小さな体の小さな口から
 とんでもない声量が!!!」
と伝説のジャパニーズパンクバンド
JUDY AND MARYのYUKIちゃんを彷彿とさせる衝撃が走ります。
そしてそれ以上なのは
Superflyは私好みの王道ロックを主流としているところ。
どんなに厚みのあるギターアレンジでもボーカルが負けず
誰が聴いてもきちんと心地良いように仕上げられるというのは
専売特許みたいなもので
たぶん羨望を集めるだけでは終わらない
ミュージシャンズミュージシャンなのではないかと

高視聴率をマークしたドラマ「BOSS」の主題歌起用によって
不動の地位を確立したように思いますが
もしかしたらまだまだなのかもしれません。
ドリカムの吉田美和さんが「TIME」の表紙になった時は
ずっと壁に飾っていました
それさえも超える日が来るんではないかと密かに期待しています

Dancing On The Fire(初回限定盤)Dancing On The Fire(初回限定盤)
(2009/11/18)
Superfly

商品詳細を見る


Box EmotionsBox Emotions
(2009/09/02)
Superfly

商品詳細を見る
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2009/11/04(水)   CATEGORY: PV Wacth_洋楽
PVWacth!14/◆◆◆◆◇コブラ・スターシップ/年の暮れも近づいて参りましたので・・・
どうせ忘年会の二次会で盛り上がるなら
コブラ・スターシップの「Good Girls Go Bad」
の方がいいんでは。
コブラ・スターシップ「Hot Mess」公式HP


コブラ・スターシップは
B級ホラーアクション映画
「スネーク・フライト」のエンディングを飾った
「Snakes on a Plane (Bring It)」がきっかけで注目を浴び
今回の3rdアルバム「Hot Mess」で
驚異的な大躍進を果たしたらしい
「スネーク・フライト」のエンディングといえば
映画の最後に苦笑したのを思い出しますが
(→映画ブログ「育児しながら映画アンテナ」でどぞ←)
このバンドがこんなに大物になるとは思ってもみませんでした。
何がきっかけになるか解らないもんだなぁ。
やっぱり創作活動は発信し続けていないと
何も可能性は生まれないという事なのかも

という事で
サブボーカル側に女性が入るという
演奏パターンで言えば
ブラック・アイド・ピーズを思い出す感じ。
訂正
 メンバーに女性(ショルダーキーボード担当)がいるので
 てっきり紅一点型かと思っておりましたら
 サブボーカルに入っているのは
 レイトン・ミースターという女優で
 バンドの一員ではないようです。
 今回の曲でフィーチャリングされてました。。。
 早とちりしてすみません。

↓この曲のイメージでいたら
 ヴォーカル以外メンバーじゃなかったみたいです。。。
 (他のバンドからの選りすぐりの精鋭達のよう)
 映画「スネーク・フライト」のエンディング
 「Snakes on a Plane (Bring It)」


楽曲も今のリバイバルブームにのるなら
これくらいぶっとんでくれ!というくらいの満足度。
年末年始のイチオシ洋楽ブレイクは
コブラ・スターシップと見た

↓こっちもオススメ。
 ベン・E.キングの名曲「スダンド・バイ・ミー」を
 大胆にサンプリングした「Beautiful Girls」で大ブレイクした
 ショーン・キングストンの「Fire Burning(炎のダンスフロア)」




ホット・メス(初回限定ハッピー・プライス盤)ホット・メス(初回限定ハッピー・プライス盤)
(2009/11/25)
コブラ・スターシップB.o.B

商品詳細を見る


 
トゥモロー(期間生産限定)トゥモロー(期間生産限定)
(2009/08/26)
ショーン・キングストングッド・シャーロット

商品詳細を見る
[ TB-0 | CO-0 ] page top
バックストリートボーイズ 「Bigger」のPV見て硬直する
大分固まってしまいました
言葉が未だみつからないので
まずは試聴を・・・

↓Backstreet Boys/Bigger


真剣に癒されるんです
子供ができてからというもの
勢いのあるパワーもよいですが
たいがい子供と一緒に楽しめる
和み系包容力を好んでしまうんです。
ハーモニーがきれいであればある程
その隙間を縫うように
それぞれの個性的な声で重なる
フェイクやロングトーン、ビブラートの余韻がまたステキなんです
最近病み付きになっているPVが
「Shape Of My Heart」のアカペラバージョン。コレ完璧
特に私の好きなAJの声量の加減やボーカルテクニックが見事で
何度聴いても飽きず、そして実力の奥深さにひれ伏す訳です。

今回のアルバム「This Is Us」からのセカンドシングル「Bigger」も
インパクトには欠けるものの彼ららしい完成度で言えば
何も文句はなかった。。。
このPVは「日本びいきでいてくれてありがとう」なだけで
日本の印象がスシであろうがアキバであろうがカラオキであろうが
なんだって言いけれども
最終的には合コンの勢いにしか見えない歌にしてしまったところが
非常に残念。というか、ちょっと悲しくなる
まじめな人間でゴメンナサイ。

忘年会の二次会カラオケの十八番「I Want It That Way」の次は
「Bigger」で盛り上がろう・・・!って事で。

↓アカペラこそがバックスの真骨頂!!


ディス・イズ・アスディス・イズ・アス
(2009/09/30)
バックストリート・ボーイズ

商品詳細を見る


未定未定
(2010/01/27)
AJ

商品詳細を見る
[ TB-0 | CO-0 ] page top
copyright © 育児しながら音楽アンテナ all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。