育児しながら音楽アンテナ
育児の合間に気になった音楽情報をメモるブログ
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
DATE: 2010/07/25(日)   CATEGORY: その他
買う側シュミレーション~例えば高橋優さんの曲が欲しいと思ったら~
VMCで高橋優さんというアーティストを見て
曲が欲しいと思いました

たまたま聴いた曲は「素晴らしい日常」という曲。
即PCでアーティスト名検索
最上位でヒットするのが女の子のアイドル?
違う違う。と何度かクリックしてブログがビンゴ!

高橋優 オフィシャルブログ “あぃやどよ!”

経歴を読んで所属レコード会社を探す。
全国流通盤という表記もあるがここまでが自主制作?
アーティスト事務所関係のインディーズ出版を経てのメジャーデビューみたい。
WPCLという品番だからワーナーミュージック?
あえてメジャーシングル第一弾!的な書き方をしていないのは
アーティスト本人の意思の表れなのかしら。

とりあえずこの時点でみつけたサイトは
高橋優さん本人のブログ
レコード会社ワーナーミュージック内のアーティストページ
アーティスト事務所のページ


ここでざっくりと情報を拾って
ついでにYoutubeで試聴しながらフムフムと読み漁る
(テレビでみた曲以外も試聴。CM曲にも起用されていたんだなぁ。

さぁでは購入しようか、となると
基本的にシングル盤はいらないと思っている人。(←私
なのでアルバムを探してみる。
ちゃくうた(R)は気になるがちょっとおいといて。
(iTuneでも探してみたらちゃんとありました。)

ブログではアマゾンにリンクされているから
自主制作のアルバムの方をポチっとしてみる。
アルバム「僕らの平成ロックンロール」
には「素晴らしい日常」という曲は入ってないみたい
その他の曲もとても素晴らしいと思ったけど
私はまずは「素晴らしい日常」が欲しい。
この時点で気持ちはもうだいぶ萎えております。
なぜかって。
「素晴らしい日常」が収録されたアルバムが後日発売になるだろう
と予想できるから。もし収録されなかったら
その時に1曲だけダウンロードすればいい。
でもね、ミュージシャンとしてはコマーシャル的に
それだけ売れればいいっていうよりも
その1曲から自分の世界に引き込むっていうのが本望だと思う。
なのでできれば1曲だけしか買わない、ってのはやりたくない。
10曲収録されているんだったらその曲順の並びまでもがこだわりだと思うし
それをパッケージしているジャケットの絵や素材もね、
余裕があればきっとこだわりたいと思う。

海外だったらアルバムの中からシングルカットして
長期的にアルバムを売っていくのが主流だと思うんだけど
日本の場合だとどうしてもシングルが先行して
その売り上げによってアルバムの初回枚数を決めようとしてしまう。
枚数が重なるだけのシングルCDはいらないし
(そのCDのみの限定曲入り!なんて事があったらもう本当にやきもき。)
プラケースもペラペラで何もおもしろくない。

という事で結果買わない、になってしまいました。
ただでさえ財布のひもが固い主婦には
収納の手間と出費を感動との天秤にかけたとしても手が出ない
独身だったら迷わずアルバムの方買ったと思いますが・・・。
新しいアルバムが出たら欲しいけど
それまでこのテンションを維持させてくれ!!
(だからYoutubeで何度も聴いてそれで満足しよう、ってなるんじゃないかと)


※妄想にしようかと思いましたが
 実際そう行動してたので、そのまま文字にしてみました。



↓著作権云々が面倒臭くなってきたけどこれはOKなのかしら。
 公式HPからリンクされてた動画。





過去に感動したシングルCDのパッケージで印象深いのが
ジャングルスマイルの小さな革命。
こっち↓はシングル集の12cmアルバムみたいですが
8cmのシングルが発売された時は
パッケージを閉じるように横にシールが貼ってあり
それを破らないと開けられない仕組みに。
その最初の行動が小さな革命です、
みたいな説明が中から出てきた時にはぞくぞくっとしました
「破る」決断を迷うな、というメッセージだったような気がします。



スポンサーサイト
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2010/07/24(土)   CATEGORY: その他
いい音楽をクリエイトしてもらう為に
先日DOMMUNEというサイトを見つけまして
ものすごい衝撃を受けました。

ライブストリーミングサイト&スタジオ 「DOMMUNE」

自サイトでUSTチャンネルをもってDJプレイ配信しており
その質の良さに脳天打ち抜かれた感じです。
やばいよ。これ。すごい!
これだけぽろっと呟いて後はぼーぜんと見入っておりました。
普通に大画面モニターで映して酒でも出せば店成り立ちそうな。
ネットって極めると何でもできちゃうから本当に可能性が無限大だなぁ
なんてカラオケ屋さんとか思い出してたら
そういえばDJって著作権とかってどうなっているんだろう、という疑問が。
例えばそういう店でも使用料を払わなきゃいけないし
小さな地方のライブハウスで演奏されるコピーバンドも
本来ならそれなりの使用料を払う義務があるけど
取り締まるのが大変だし目立たないから
スルーしているのって結構あると思う。
「目立たない」ってクオリティが高くなればなる程
そういう訳にはいかなくなってくる。
逆に目立つ事で世にリスペクトの交換を示しているのであれば
それを取り締まるって方への疑問が増えてくるような

ここ最近のネットの普及って
本当に生き物のようにみるみる広がっているように思えますが
元来マニアな方達の中で知識を共有するのがステイタスみたいなところがあって
その方達から発祥して
今の万人インターネットの時代になってるんじゃないかと認識しております。
そういう発祥の思想が当たり前と思っている方と
みんながやってるから自分も派から入った方
みんながごっちゃになって同じネットを共有していると思うと
その元来の考え方と
便利だから何やってもOKの感覚が同一視される懸念があり
そこからちゃんと言葉にしないといけない気がしてきました。
クリエイティブな作品を生み出しているアーティストへのリスペクトを
しっかりとお互いに認識しあっていかなきゃいけない、と
あえてダイレクトに文字にしなきゃいけないかも。

レコードやカセットテープを聴いてた世代と
(リリースされてそれを求めて歩く道のりもまた楽しかった
自宅で手軽に音源が手に入る世代とでは
もう既に理解の壁ができていて(バカの壁かもしれんけど)
その心を伝えるようとする事自体アナログなのかもしれないですが
人間がどんなに進化しようとも「心を揺り動かされる」感動というのは
軽視できないと感じてます。
そんな訳で次回2回にわたり
買う側のシュミレーション妄想
作る側のシュミレーション妄想

について書いてみたいなぁなんて今思いつきました。
そうする事で自分自身改めて省みるきっかけにもなりそうです。

子供が夏休みに入ったのでなかなか更新できないかもしれないですが
隙をみつけて音楽の良さを私なりに考えていきたいと思います。


(いつも動画を埋め込んでますが今回はちょっと悩みました。。。
 ライブに足を運ぶ為に、音楽を買う為に試聴していると思ってましたが
 これ自体を流用されるのは困る。。。


↓なんとなく思いついたアーティストの作品





[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2010/07/16(金)   CATEGORY: レビュー_邦楽
★★★★★川村結花/Lush Life/時を経て気がつくもの





今の自分って誰かのおかげだったりする。
そしてその誰かのおかげをまた次に伝えていく。
そうやって感謝の気持ちが伝わっていく。

未来を予想しようとした時に
数字的なものはもしかしたら比較的簡単で解りやすいのかもしれない。
1の次には2が来たらいい。そしてその次は恐らく3だろう、と。
だけどいくらでも答えがある場合、自分の想像力っていうのは
どこまで働くものだろう。
正解かどうか解らないものにどれだけ確信をもつ事ができるんだろう。
私が思うに、何を受け継いで何を伝えていけるか。
それを想像して確立してこそ全うできるのではなかろうか。
未来が不安になる時は若いのも年寄りも一緒。
もし一日を生き延びる為に若いのが犠牲になるのだとしたら
戦時下とあまり変わらない気がする。

と、まぁ小難しい事だらだらと・・・。
最近メインページの補強を考えてまして
(→Gucko'sIndexes メインページ 情熱ダイナー←)
その中でフェイバリットアルバムをいくつか挙げようと考えてますが
「夜空ノムコウ」の大ヒットで出会った
川村結花さんの「Lush Life」は外せないなーなんて思ってました
特に好きなのが3曲目。歌詞の視点がおもしろい「ヒマワリ」
主人公はヒマワリであり太陽について歌っている。
太陽がいるからヒマワリはその方を向いて咲けるが
だから太陽さまさまか、というとそうでもなく
ヒマワリが咲いている事で太陽の存在に意味づけをしている。
ヒマワリを咲かせる為に太陽があるんだと
そしてあえて私が希望する解釈を付け加えるなら
太陽はひとつでなくてもいい。
それぞれにそれぞれの太陽があってそれに向かってみんな咲いている。
もしかしたら自分自身ヒマワリと思っている事が
アリにはそのヒマワリが太陽に見えているのかもしれない。
それくらい「太陽」の実態をぼかして
みんなそこを向いて生きているんだと解釈するならば
それぞれのその存在こそが感謝の気持ちではないかなぁと思う訳です
そしてこのメロディーの出過ぎない
程よい乗り方がまた天才的なセンスを感じる。
これがあまりにもダイナミック過ぎるとくさくなるんだけど
抑揚の少ない単純に聴こえるメロディーに声の強さを乗せる。
後、さり気なく支えるようなギターの音もかっこいいし、
コーラスの入り方(終わり方)もよく練られている。
この全体の丁度いいバランスがまた程よく気持ちがいい。

買って直ぐの時は9曲めの「home」が一番好きでした。
少しだけ年をとって古いアルバムを聴き返して思うのは
変わった自分が感じるまた別の視点からの感覚。
初めて子供をもって解る視点、と言ってもいいかもしれません。
でもこのアルバムを本当に伝えたいのはもっともっと上層なのかも。


収録曲

1. マイルストーン
2. 遠い星と近くの君
3. ヒマワリ
4. アンフォゲタブル
5. Every Breath You Take(アルバム・ヴァージョン)
6. イノセンス
7. 夜空ノムコウ(アルバム・ヴァージョン)
8. A Day He Was Born
9. home(アルバム・ヴァージョン)
10. Rum & Milk
11. ヒマワリ(reprise)
12. ときめきのリズム(メロウ・グルーヴ・ヴァージョン)




↓こっちはベスト

[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2010/07/09(金)   CATEGORY: TV出演
自宅で野外フェス妄想
今年も野外フェスティバルで盛り上がる季節になって参りました
過去にFUJIROCKには数回行った事がありますが
音楽野外フェスは夏を思いっきり満喫できる貴重なイベントです。
特にFUJIは山の中って事もあって
音楽が好き、っていう人じゃなくても
どこにいてもどっかのステージの演奏は聴こえるんで
遠くのスピーカーの音をBGMに
山を散策するとか、川で遊ぶとか、とにかく食に走るとか
楽しみ方は無限大!!

とりあえず調べてみた今年のスケジュール
FUJI ROCk フェスティバル ’10

過去にタンクトップだけという無防備すぎる出で立ちで
大火傷の日焼けをした経験とか思い出すと
今後いつか行ける可能性ってのがあまり期待できないので
ちょっと考えてみました。

ザ★妄想。自宅で野外フェスをする!なら。

まず日付をチョイス。
Superflyの出演とトリがMUSEっていう金曜日も気になりますが
Roxy Musicが見てみたいとかKULA SHAKERが懐かしいなとか
JAMIE CULLUMとか気になるし、と思ったら
やっぱり土曜日がいい
って事で7/31の土曜日をチョイスしてみる。
(こういった目当てのアーティストもいいけど
 新しい発見ってのが結構期待大!)

到着はだいたい家を早朝に立って10時とか11時とかに着くんではないだろか
という事で裸の大将ルックでタオルを頭に巻いていざ出陣。
テレビもしくはPCの前へ。



えーーーーっと生放送とかやってるの?(前はやってたはず。確か)
調べてみる。
-------------------------
スカパーでこんなのありました。
FUJI ROCK FESTIVAL '10 フジロックなう!
前夜祭&3days生中継!


Ch.613 フジテレビNEXT(HD)
Ch.614 フジテレビONE(HD)
Ch.704 フジテレビNEXT
Ch.739 フジテレビONE
[Ch.613・704]7/29(木)~8/1(日)後7:00~<生中継>
※7/31(土)後7:10~ 他
[Ch.614・739]7/29(木)~8/1(日)後11:50~
<放送アーティスト>未定
-------------------------
このチャンネル加入してないし。
とりあえずする事にしてみる
たぶん個人でネット生配信する人が出てくるような気がしますが
私のPCの14インチモニターでは迫力に欠けるんで
こういう時テレビだったらそれなりの臨場感が出るはず。
(一応PCもテレビもオーディオスピーカー繋いでます。)

テレビの前で敷物を敷いて
最近買ったキッズ用のゴザなんか超気持ち良さそうなので
その上であぐらをかいてスタンバイ
あ、ビールビール。今はアルコールを絶ってるので
キリンのフリー500mlを手元に置いて仕切りなおし。



(熱々フランクフルトとかアルミホイルに巻いて
 ケチャップとマスタードをたっぷりつけて貪ってみたり)
そしてアーティスト登場!会場が盛り上がる
イェーイ!スタンダーップ!!!
まずは11時のグリーンステージでHAWAIIAN6。


ランチのついでにレッドマーキーのTRICERATOPSを途中から。


本場インドカレーとか移動しながら立ち食いしてるつもりで
用意していたレトルトカレー(こだわり系)を即席で作り
ホワイトステージまでの道のりを山歩きしている気分で
部屋の廊下を数回往復する。


(いざとなったらマンションの外階段を
 カレーを食べながら降りたり上ったりしてもいい)
12時50分になんとか間に合うかなーってところでbloodthirsty butchers。


バンド名前は知ってるけど曲は知らない
みたいなアーティストに触れられるのも夏フェスの醍醐味。
ゴザの上でちょっと休憩。朝一で出てきて疲れたしね
とか言いながらタイムテーブルをチェック!
なぬ!14時40分からのKULA SHAKERと
14時30分からのTHEATRE BROOKが被ってるじゃないか!
ってこういうのが一番困る。
それもグリーンとフィールド・オブ・ヘブンって両方少しずつってなると
結局移動だけで時間とられてどれも中途半端に見れない、って事に。
あー悩むー。KULA SHAKERのHUSHとか相当盛り上がりそうだし
でもこのところタイジさん良さそうなんだよねーとか
幸せすぎる苦悩にのた打ち回りながら、あー結局グリーン行っちゃうか?
(ここら辺、全く予測不可能ですが
 現実的に考えると放送側が勝手に編集していろんなステージを映してると思う)




それから超早歩きでまたホワイトステージへ。
(廊下を往復
 たぶんもう面倒臭くなってその辺りどうでもよくなっていそう)
15時40分からのTHIRD EYE BLIND!!超久しぶり。
トゥットゥットゥ~とか一緒にやるんだろうなー。


それから16時半のJAMIE CULLUMの始まりに間に合うように
途中でホワイトを離脱してグリーンへ移動。
ビールを道の途中で補充。
(冷蔵庫から冷え冷えのキリンフリーを取り出す)
ここら辺から夕方モードになってくると
もうグリーンから動く気はなくなってるので
ゴザの上にケバブ風のローストビーフサンドイッチとか用意しといて
もうまったりと酔っ払いになる気分へレッツゴー。


後は星空を眺めながら音楽と野外の雰囲気に酔いしれて
あー幸せーとか言いながらフィナーレの電飾の演出に見入ってたりするのかな。





ゴザに寝そべって草の匂いを嗅ぎながら楽しかったーってそのまま寝入る

・・・あ、相当妄想入っていたんで
時間が経っているのを忘れてました。
約12時間分の野外フェス。超楽しかった。
(もう既に行った気分・・・)


↓一番最近は葉加瀬太郎さんの野外イベントが最後。
 今年は情熱大陸とのコラボみたい!
情熱大陸SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA'10
なんと今気がついたがASKAさんが出演決定とな!
やばい。本気で行きたくなってきた・・・。

[ TB-0 | CO-0 ] page top
copyright © 育児しながら音楽アンテナ all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。