育児しながら音楽アンテナ
育児の合間に気になった音楽情報をメモるブログ
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
DATE: 2009/01/19(月)   CATEGORY: Chage&Aska(Aska)
TBSチャンネルで「ASKA Symphonic Concert Tour 2008」
多感な思春期にどんな音楽と出会えるかで後の嗜好が分かれてくるような気がする。私の場合CHAGE&ASKAは絶対外せないのだけど、今回視聴したのはTBSチャンネルの「ASKA SYMPHONIC CONCERT TOUR 2008 “SCENE”」で、いつものASKAさんのソロコンサートは違う装いのダイナミックなオーケストラコンサート。初めに感じたのが、この人数の頂点に立つ指揮者よりさらに上に立つもののプレッシャーとか成し遂げた感というか、大所帯なだけに「オレの曲で全てが成り立っている」という感覚がいつもの数倍なんじゃないかな、と。とにかくスケールの大きさがテレビという小さな箱からも感じられて、公演前日に情報を得てにっちもさっちもいかなかったその時の「生」への執着を思い出してました。

初回ツアーと今回と2005年のオーケストラツアーを除いて全て足を運んでいる(ハズ・・・)ASKAさんのコンサートで心待ちにしてしまう曲は、シングルヒットした「はじまりはいつも雨」や「Girl」とかはもちろんそうなんだけど、C&Aの「PRIDE」と同様シングル曲ではない隠れた名曲「月が近づけば少しはましだろう」や「けれど空は青~close friend~」。C&A自体「SAY YES」や「LOVE SONG」のヒットの印象が強くてどうしてもラブソングばかり歌っているアーティストなんではないかと思われがちだけどそれはC&AのAサイド。どちらかというとある意味Bサイド的な「YAH YAH YAH」や「太陽と埃の中で」のような骨太な曲が彼らの真髄だったりして、ASKAさんのソロとなるとそれが更に深くなり個々の心の内や社会情勢や宇宙規模までをも視野にした哲学を確立してて、最近は「輪廻」の世界観から人類愛みたいなのを訴えているんじゃないかと受け止めています。
今回のテレビ視聴でも期待してた楽曲は本当に素晴らしく思わず涙が溢れてしまう程の迫力で、元々ダイナミックな曲だけどオーケストラにしたらこんな風になってしまうんだ、と本当に心から圧巻されてしまいました。いやぁ~これを生で聴いてたら鳥肌どころじゃなかっただろうな。私。だけどひとつだけ注文をつけるなら、この放送に対するつっこみかもしれないけど、最後「PLEASE」で締めてしまったのがちょっと心残り。ASKAさんのコンサートはいろいろ問題提起してみんなで考えていこう、的な印象で答えを出さないのがまた魅力と思っていた訳なんだけど、これで終わってしまうと一般の人に「結局ASKAって『神様プリーズ』の人なんだ」と思われてしまいそう。確かこの曲作った前後ってハルマゲドンを本当に信じてた時期にできあがったもの、という解釈で勝手に納得しているのだけどまたちょっと時代が違っているかな、と。

ところで、オーケストラというもの、父が当時の最強オーディオセットでよく聴いていたにも関わらずなぜか馴染みが浅く(どうしても眠くなる・・・)今回のASKAさんのコンサートもどんな風になるか、と思ってましたがどうやら私にはどうしてもメロやヴォーカルがあってこその音楽みたいです。感覚が体の一部になるって、たぶん成長過程でそれを求めた時に出会ったもので形成されていくと思うんですが、というのもたぶん小さい頃から聴いていたハズのクラッシックではなく自分から傾倒したのが、中森明菜や松田聖子のような歌謡曲だったのでそっちの脳みそになっているみたいなんで。多感な時期の子供はみんな感情の行き場求めるのだけど、どんなに贅沢な品を散在させようとも本人が求めない限り心まで沁み込まない。大人になってからは商売の為に音楽を聴いてしまい、流行り廃りだけの上っ面な情報ばかり追い求めて違和感は感じてたんだけど、こういう風に自分の引き出しの容量をしっかり確保されている音楽に戻ってみて初めて、好きなものに対する情熱が蘇ってきます。まさしくこれこそ「財産」だと気付く訳で。当時の自分にありがとう。
ゆいどんのその時期の欲するものに気付ける親になろう、という理想を掲げてみたりして。

さて、ASkAさんの次なるツアーの名前が決定!
『ASKA CONCERT TOUR 2009 WALK』
なんとか今回も足を運べるように体調と環境を整えられるようにしたいと思います。

↓月が近づけば少しはましだろう


ASKA SYMPHONIC CONCERT TOUR 2008 “SCENE” [DVD]ASKA SYMPHONIC CONCERT TOUR 2008 “SCENE” [DVD]
(2009/02/25)
ASKA

商品詳細を見る

あなたが泣くことはないあなたが泣くことはない
(2009/02/25)
ASKA

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[ TB-0 ] page top

TRACK BACK
TB*URL
copyright © 育児しながら音楽アンテナ all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。