育児しながら音楽アンテナ
育児の合間に気になった音楽情報をメモるブログ
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
DATE: 2009/11/18(水)   CATEGORY: レビュー_洋楽
★★★★☆Bon Jovi/ザ・サークル/受容から立ち上がるロックの形
エアロスミスのスティーヴン・タイラーとジョー・ペリーの対決は
どうやら水面下での戦いとなり
表向き脱退の様相は収まってきたみたいです
(シネマトゥデイニュースより
エアロスミスは解散しない!スティーヴン・タイラーがジョー・ペリーのソロライブに飛び入り参加!←)
スティーヴン・タイラーが抜けたエアロスミスなんて
もはやエアロスミスじゃない
ヴォーカルの入れ替わりが激しいヴァン・ヘイレンだって
ギタリストのエドワード・ヴァン・ヘイレンが抜けたら
そのものがなくなったも等しい。
そしてそれくらい同じ意味を成す
「ボン・ジョヴィ」というハードロック史における
歴史的一大プロジェクトの先頭に立つジョン・ボン・ジョヴィが
またまたすごいアルバムを出してくれました
彼の類稀なところは
素晴らしいバンド仲間に出会えた事で
特に最近プライベートが波乱気味で
ゴシップを賑わせていた
ギタリストのリッチー・サンボラとの仕事を


このアルバムはスタジアム級のドでかいギターありきの作品だ。
リッチーが隣にいてくれる証し。
それが俺にとってどんなに大きかったか。
言葉じゃ言い尽くせない。
俺とリッチーの場合、1+1は3なんだ

公式サイトインタビューより)

と考えるなど
常にリスペクトを忘れない心が
近い人のみならず
世界中の人々の心を鷲づかみにする魅力なんだと思います。

そして、届きました!今回の新作「ザ・サークル」。
ジャケットの仕様がDVD付き限定盤はキラキラの紙ジャケット!!!
これから音楽はダウンロード世代になっていくと思いますが
CDの価値を残しておくのなら
アナログレコードのファンが未だ熱いように
ジャケットには十分こだわって欲しい!!
今回の仕様はそれだけで涙ものです。
そして驚いたのが特典DVDがなんとドキュメンタリー!
私、知らないでDVD付きにしたんですが
普通PVとかライブなんで
わざわざドキュメンタリー編集された映像を特典で付けるなんて
ファンサービスしすぎって感じで「愛」を感じずにはいられません。

最近のCDはDVD付きが多く
値段も市場のお約束マジックで安くする事ができるんで
絶対DVD付きがお得です。
そんな訳で同時購入したP!NKの最新作「ファンハウス」は
輸入盤のDVD付きツアーエディション
今度届くのはニッケル・バックのDVD付きツアーエディションです。
すぐ買うよりもしばらく待ってDVD付きを買った方がお得って
何だか納得いきませんが
そんなに余裕がない経済状況ではそうせざるを得ません

話ずれまくりで・・・
DVDは後でゆっくり見るとして
全体を通して聴いてみましたら思ってたよりも
ちゃんとBonJoviしてたんでちょっと驚きました
期待度が低かったからその反動なのかも。
リードシングル「ウィー・ワーント・ボーン・トゥ・フォロー」は
PVで試聴した感じと大して変わらなかったんですが
(過去記事→PVWacth!13/◆◆◆◇◇BON JOVI/We Weren't Born To Follow←でどぞ)
全体を通して聴いたら「今」の彼ららしさ全開で
ロックンロールオヤジの神々しいカリスマ性が
一段と輝く仕上がりになっていました。
特に好きなのは壮大なイメージの
2曲目「ホエン・ウィー・ワー・ビューティフル」と
9曲目「ラヴズ・ジ・オンリー・ルール」。
1曲目「ウィー・ワーント・ボーン・トゥ・フォロー」や
3曲目「ワーク・フォー・ザ・ワーキング・マン」に関して言えば
似てると思ってもオリジナル自体彼らのものなんで
たぶんアンサーソング、もしくは続編くらいの勢いなんじゃないだろうか。
最後の「ラーン・トゥ・ラヴ」は
キープ・ザ・フェイスやジーズ・デイズの頃の
興奮を思わせるアルバムの締め方
このアルバムには
今の時代を見極めた無理のない等身大のロック魂が流れている。
「ロックは死んだ」と嘆いて終わりを告げたバンドもいますが
変わり行くロック魂の背景を
じっくりと受け入れてきたボン・ジョヴィのようなバンドが
しっかりと次の世代に「伝える」仕事を担っており
奮い立ち上がる底力
ひいては「自分を信じる力」を体現して見せてくれている事に関しては
親を見て育つ子供の為の「戦う父の背中」そのものなのかもしれない。

オールリピートでもう十数回は繰り返して聴いてますが
刺激的な飛びぬけた衝撃はない代わりに
後半に進むにつれて何度も聴きたくなる深さがあります

↓ロックスターにサングラスは必須アイテム。
 それぞれ個性にぴったりなのを選んでましたが
 私は永遠のソバージュキング、デビット・ブライアンの
 ウェーブヘア+ライダ風ーサングラスに一票
 ・・・っと内ジャケ画像を探しましたが見つからなかったので
 「勝手にサングラス大会」は買ってからのお楽しみという事で。
 
ザ・サークル~デラックス・エディション(DVD付)ザ・サークル~デラックス・エディション(DVD付)
(2009/11/04)
ボン・ジョヴィ

商品詳細を見る



 ↓こちらは日本語版インタビュー


↓オススメDVD付きCD
Funhouse: Tour Edition/+DVDFunhouse: Tour Edition/+DVD
(2009/11/02)
P!nk

商品詳細を見る
ダーク・ホース ツアー・エディションダーク・ホース ツアー・エディション
(2009/11/25)
ニッケルバック

商品詳細を見る

 
スポンサーサイト
[ TB-0 | CO-0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © 育児しながら音楽アンテナ all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。